さいたまゴールド・シアターのリスタート的な公演『薄い桃色のかたまり』

©SACO
 さいたまゴールド・シアターは彩の国さいたま芸術劇場の芸術監督だった蜷川幸雄氏が2006年に創設した、55歳以上の劇団員からなる演劇集団。

 旗揚げ当初は日本の第一線で活躍する劇作家の新作書き下ろし作品を蜷川氏の演出のもと多く上演。2013年には海外公演を成功させるなど大きな話題を集めた。

 昨年5月に蜷川氏が逝去された折にはその存続に注目が集まったが、蜷川氏の遺志を継ぐ形で存続。今年4月の一周忌追悼公演を経て、今回はいわばリスタート的な意味合いを持つ公演となる。

 本作は2007年の第1回公演、2011年の第5回公演と2度新作を書き下ろした岩松了が3作目の新作書き下ろし。

 作品のモチーフとなるのは「福島」。これは生前の蜷川氏と岩松の会話の中で持ち上がったもの。こちらもその遺志を継ぐ形で、岩松は演出も担当する。

 今年5月にも東日本大震災をモチーフとした『少女ミウ』を書き下ろした岩松。そのときは若い俳優を通して福島を描いた。世代が違えばとらえ方も変わる。平均年齢78.0歳という俳優たちを通し表現される福島はどういったものになるのかにも注目。
さいたまゴールド・シアター『薄い桃色のかたまり』
【日時】9月21日(木)〜10月1日(日)(開演は木金18時、土〜水14時。※28日(木)は14時開演。月曜休演。開場は開演30分前。当日券は開演1時間前)
【会場】彩の国さいたま芸術劇場 インサイド・シアター(大ホール内)(与野本町)
【料金】全席自由席(整理番号付)一般4000円
【問い合わせ】SAFチケットセンター(TEL:0570-064-939=彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10〜19時[HP]http://www.saf.or.jp/arthall/)
【作・演出】岩松了
【出演】さいたまゴールド・シアター、さいたまネクスト・シアター