コールドプレイ、フェイセズら フジロックがヘッドライナーを発表

ph_show0100.jpg


 人気夏フェス、フジロックフェスティバル(7月29〜31日、新潟・苗場スキー場)が28日、出演アーティスト第5弾を発表、さらにこれまでに出演が発表されたアーティストの出演日を発表した。今年のヘッドライナーは、初日がワールドワイドな人気を誇る英バンドのコールドプレイ、中日は再結成で注目を集めている英バンドのフェイセズ、最終日はフジロックの常連であるケミカル・ブラザーズが務める。
  また今回は全22組がラインアップに追加された。国内勢が厚めで、前回の出演の際に圧倒的なパフォーマンスと唯一無二の存在感観客を魅了した加藤登紀子を始め、斉藤和義、くるり、OKAMOTO’S、ハンバート ハンバート、さらにフォークシンガーのなぎら健壱らが加わった。海外勢は、THE GET UP KIDSなど。詳細はオフィシャルウェブサイトで。