ノエル・ギャラガーがソロライブ! 熱狂の2デイズ

ph_show0100.jpg

Mitch Ikeda





 英バンドのオアシスのギタリストとして活躍したノエル・ギャラガーが、自身のソロプロジェクトであるノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズで初来日した。昨年10月にリリースしたセルフタイトルのアルバムを携えての日本上陸で、16日、17日に東京ドームシティホールでライブを展開した。



 チケット争奪戦となりプレミアムライブとなった今回のライブ。両日とも、ノエルの来日を待ちわびていたファンで会場は埋め尽くされた。



 初日の16日、ノエルは、オアシスの楽曲『(It’s Good) To Be Free』でセットをキックオフ。ノエルはステージのど真ん中に陣取り、何にも縛られず自由であることの素晴らしさを歌い上げるこの曲を歌い上げると、会場のあちこちから「アイ・ラブ・ユー」の声援が飛んだ。



 オアシスナンバーで会場を温めると、『Everybody’s On The Run』『Dream On』『If I Had A Gun...』と、ソロプロジェクトの楽曲をプレー。ヒートアップする会場にあてられたのか、ノエルは「次は新曲だよ」と紹介したのに演奏したのは別の曲というハプニングもあった。その後も、ソロ、オアシスの曲を織り交ぜたセットで会場を沸かせ、アンコールのラストでは、『Don't Look Back In Anger』。オーディエンスも声を出して壮大なシングアロングになった。



 5月には再来日し、日本武道館をはじめ東名阪を回る予定だ。






  もっと長いレポートはこちら(http://tokyoheadline.com/vol537/show8.html)で!