今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 鮮魚と地酒 喜口屋(中目黒)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
 最近いい働きをしてくれる密偵Eがまたまた耳寄り情報を寄せてくれた。なんでも鮮魚と地酒が旨い店が7月に中目黒にオープンしたらしい。しかも、店長、料理長、ホールスタッフがイケメンぞろいなんて、こりゃ、行くっきゃない!(古っ!)
 駅からすぐの店はなんだか素敵なたたずまい。中に入ると右手にカウンター、左手にテーブル席、奥に小上がり的な作りで使い勝手も良さそう。メニューを見ると、はいはいはい、ありましたよ。うまそうな魚料理の数々が。中でもやはり目につくのがお刺し身。「厳選刺身盛り合わせ」が2人前1480円、「特選刺身盛り合わせ」が3人前2180円ととってもリーズナブル。横の人が2人前を頼んでいたのをチラ見したんだけど、すごいんだもの量が。しかし探偵は1人で調査中。イケメン店長に「一人なんですぅ」と言うと1人前の刺し盛りを特別に作ってくれた。探偵うれぴー(古っ!しかも普通のサービスです)。内容は、マグロ、たこぶつ、〆鯖、ハマチ、サーモンの5点盛り。どうだいどうだい、この盛りっぷり。男前なのは顔だけじゃないねー。たこぶつはキュッキュとした歯ごたえがありつつも柔らかく、噛むたびに甘味がじんわりと口に広がり、サーモンは脂がノリノリでとろける食感。〆鯖は酢味噌に合わせ、さっぱりと、そしてマグロもハマチも新鮮なのできちっと角が立ってサクサクでみずみずしい。福島の地酒「人気一」をグビグビ飲みながら、一人舌鼓の探偵であった。
 そして気になっていた「いくらのこぼれ升寿司」が登場! こぼれてるよ、父さん、いくらがこぼれてるよ(何キャラ?)。丸っこいグルメリポーターが“宝石箱や〜”かなんか言っていたようだけど、本物の宝石箱はこっちや! キラキラ輝くいくらという名のルビーがあふれとんのや! そのルビーとご飯を豪快にスプーンですくって食べる。プッチプチのいくらが口の中で弾けるたびに感じる幸福感。“大人になってよかった”。そして料理長の腕の見せどころ「出汁巻き玉子」は、安定の旨さ。ふわふわの玉子を噛むたびにあふれでる出汁がまたいい味。そのほか「しらすとネギの岩海苔ピザ」や「自家製つくね」も絶品。魚好きは行くべしな店に認定!
NULL
鮮魚と地酒 喜口屋
【住所】目黒区上目黒2-7-11 1F【TEL】03-6319-6480【営業時間】ランチ11時30分〜15時(L.O.14時)、ディナー18〜24時(L.O.23時30分)【定休日】日曜