今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵
楽喜DINER ラッキーダイナー(中目黒)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
 突然だが探偵はネバネバしたものが大好き! 納豆、オクラ、山芋などなど。それらはおいしいだけではなく、栄養価も高く、体にもいい…と聞く。そんな探偵に朗報が! ネバネバ系の芋の中でも高級かつ、希少価値のある自然薯専門店が中目黒にあるという。「ネバー、ネバー、ネバー、エバー、愛していけないわけじゃない〜」とMIE(当時)の「NEVER」を口ずさみながらスキップをしながらお店へ(分かるやつだけついてこい!!)

 メニューにずらりと並ぶ自然薯メニューに心の中はテンションMAXだが、落ち着いてまずは「自然薯のシーザーサラダ」をオーダー。自然薯が練りこまれている。とろっとしたドレッシングは野菜によくからみ、野菜と自然薯があますところなく堪能できる。

 ところで、自然薯をこんなにリーズナブルに提供できるのはなぜか? お店の人によると、宮城県の自然薯愛好家の斉木さんという方のお宅に、自然薯専用の冷蔵庫を置き、時期をずらして採取した自然薯を保存しているのだとか。その中で半年間はフレッシュに保たれるので、1年を通して安定して自然薯を仕入れられるというわけ。


 そしてお次のメニューが「天使の海老、まぐろ、自然薯の和風カルパッチョ仕立て」。キターーー! 天使の海老ってご存知? ニューカレドニア産のエビだが、これが甘くてウマい。そのエビと本マグロと自然薯のカルパッチョにエシャロット、あさつき、オニオン、万能ねぎの和風のソースを乗せた贅沢なひと皿。エビ、本マグロ、自然薯のねっとりとした食感の中に旨みがギュギューっと詰まっとる、詰まっとる。

 ちなみに、自然薯と長芋や大和芋は別物なんですと。確かに粘り気が全然違う。

 そしてメインは「夏野菜と若鶏のグリル自然薯生クリームソース」。山形の梵天ちび丸(ナス)、オクラ、カリフラワー、パブリカなどにボリューミーな一枚鶏をグリルで。自然薯を使った生クリームソースと一緒に食べると、口の中が豊かな大地のよう。鶏が走り、野菜が実り、自然薯が蔓を伸ばす…的な。地球の旨み全部いただきます!ごっつあんです!ってなもんっす。シメはもちろん、「自然薯とろろめし」。美肌とスタミナが期待できるという自然薯。翌日のパワーとキレイが楽しみな店に認定!
楽喜DINER【住所】目黒区青葉台1-20-2 2F【TEL】03-6416-4964【営業時間】18〜24時(L.O.)【定休日】火曜日
東京タワー60年の歴代アテンダント衣装がカワイイ「東京タワー 歴代制服復刻展」
ミニシアターのシネコン「アップリンク吉祥寺」開館
セブンスターが50周年限定パッケージ
もっとも革靴が似合う人にテリー伊藤、菊地亜美、岡千秋! 「靴のめぐみ祭り市」で授賞式
天野喜孝氏プロデュースの三味線、赤いくノ一「シャウラ」世界へ
元SKE48矢方美紀、乳がんセミナーで「1日1日を大切に生きる」