冠レギュラー番組スタートで「自分たちがバカ売れしたい」 ―ドランクドラゴン

 ヒット商品バラエティー番組『ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!』(BS12ch TwellV、金曜午後5時)が14日にスタートする。司会を務めるのは、お笑いコンビのドランクドラゴンで、彼らにとって唯一の冠レギュラー番組。最近は個人活動が目立つだけに、塚地は「このコンビスタイルで番組ができるのは珍しいことなので、僕らにいる3人のファンにはたまらないはず」と意気込んでいる。

 番組は、秘密の研究所にさまざまな商品やサービスが持ち込まれ、それぞれについて独自の視点や分析実験でその魅力に迫っていくというもの。鈴木拓(写真左)が所長、塚地武雅が副所長というポジションだ。

 初回収録を終えて取材に応じた鈴木所長は「いろいろな商品が出てきて、本当に楽しかった」と収録を振り返ったが、「楽しむばかりで、秘書役の伊藤(花菜)さんにずっとセクハラをして申し訳なかった」。ドキドキワクワクする商品やサービスよりも、伊藤との共演が「楽しかった」よう。

 一方、塚地副所長はそんな鈴木所長に不満なようで、「バカ売れする商品には、それなりの理由がある。今後、僕らが売れるには何が必要かと考えてみたら、個別に仕事をしていこうかなと思った。最近は各々の仕事が多いですから、鈴木は僕がボケてもみてなくて、ツッコミという仕事を忘れている」とクレーム。それに対して、鈴木所長は「いい商品といい人材が集まっているなかで、ポンコツは僕だけ。女の人に夢中になっていてはダメだと思うので、ここではちゃんとツッコミを入れる姿を見せたい」と、しっかりとしたコメントで応戦した。

「最終的には僕ら自身がバカ売れしたい」と、塚地副所長。まずは、ドランクドラゴンも分析&実験しないと?

 他出演は、お笑いコンビの本田兄妹。研究所研究員を務める。
『ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!』
BS12ch TwellVにて金曜午後5時から放送。初回放送は14日(金)。