Block Bが大旋風を巻き起こす

韓国発 7人のWARUGAKIがついに日本デビュー!
 韓国出身のWARUGAKI7人組、Block B(ブロックビー)が日本デビューを果たした。21日にシングル『VERY GOOD』を発表。それに合わせて、16日から1週間にわたって、スペシャルライブやインストアイベントを展開し、彼らの魅力をまき散らした。グループ名は、Blockbuster(大旋風を巻き起こすもの)に由来する。彼らの存在は、ブームを経て定着した感のある日本のK-POPシーンに新たな波風を立たせるものになりそうだ。

 あまたの韓国発アーティストがいるなかで、彼らの特徴はヒップホップやダンスミュージックといったアッパーでフロアライクな音楽から、しっとりと美声で酔わせるバラード曲に至るまで、ジャンルの枠を超えて音楽を聴かせてくれること。先日行われたライブ『Block B 2015 HAPPY NEW YEAR LIVE SHOW』では「僕たちはアッパーな楽曲のイメージが強いですけど、いろんな音楽をやっています」と話し、彼らの音楽の魅力を約2時間に凝縮させたエネルギッシュなライブで会場に詰めかけた2500人のファンを喜ばせた。

 楽曲やパフォーマンスはもちろん、メンバーそれぞれの個性も魅力だ。ステージの上でも下でも、笑顔を振りまいたり、歌声を響かせたり、周りをクスッと笑わせるイタズラも大好きだ。今回のライブでも、楽曲のパフォーマンスの間に彼らのユーモアとアーティスティックなサイドをミックスした映像演出で畳み掛けて、オーディエンスを楽しませ続けた。

 本紙では、Block Bが巻き起こす大旋風の始まりをリポートするために、熱気に満ちたライブに潜入、さらにはメンバーそれぞれのパーソナリティーが見え隠れするQ&Aセッションも実施した。