「北村一輝さんと猫のラブラブな雰囲気も魅力」ZOO動物プロトレーナー・北村まゆみ

 テレビドラマ、そして映画『猫侍』で北村一輝演じる斑目久太郎の相棒として人気の猫・玉之丞を演じるあなご。第2作目となる映画『猫侍 南の島へ行く』でも息の合った演技を見せる。撮影をずっと見てきた動物トレーナーの北村まゆみさんが、2人(?)の様子を語る。

「撮影の時は毎日顔を合わせているんですけど、毎日ラブラブです(笑)。北村さんは、もともと低い声を、役ではさらに低い声で演じていますが、あなごに会うと1オクターブ声が上がり“あなご〜”と挨拶して、ハグして、キスしています(笑)。それが毎朝の日課なので、あなごも本当に身をゆだねていて、すごく安心感を持って撮影現場にいるのが分かりますね」

 今回の映画では黒猫も登場し、白黒猫が競演する。

「黒猫のジャックはお父さんが一世を風靡したポチたまのたまというサラブレッドの2世タレントなんですが、今回の作品で一番大変だったのが、あなごとの相性でした。相性は…私の力ではどうにもならなかったということで(笑)。2人の関係は変わらず、最終的には台本が変わってくれました(笑)」

 台本といえば、今回は北村(一輝)さんもストーリー作りに参加されたとか。

「そうですね。今回は現場でどんどん台本が書き換えられていきました。それは北村さんが“猫がいなくてどうするの”とおっしゃって、毎日どんどん台本を練っていって、猫の出演場面をどんどん増やして下さったから。自分の作品だという気持ちも強いのだと思いますし、何より猫の可愛さを分かって下さっていると感じられました」
 斑目が原住民のいる南の島へ漂流したり、玉之丞が黒猫と競演したりするなど見どころも満載だが、北村とあなごの2人の関係からも目が離せない。

「北村さんは現場に子猫がいても、あなごがかわいいと言いますし、あなごもいつも世話をしているスタッフがジェラシーを感じる表情で北村さんを見つめている。そういう意味ではこの映画はもはや2人のドキュメンタリー映画(笑)。そんな北村さんとあなごの間に漂うラブも見どころのひとつですね(笑)」
「猫侍 南の島へ行く」
9月5日より全国ロードショー