イチローが“ローズ越え”の日米通算4257安打達成

(写真:アフロ)
 米大リーグ、マーリンズのイチローが15日(日本時間16日早朝)、サンディエゴで行われたパドレス戦で2安打を放ち日米通算で4257安打となり、ピート・ローズ(元レッズなど)が持つメジャー記録の4256安打を上回った。

 イチローは1回の第1打席で捕手前への内野安打でローズの記録に並び、9回の第5打席では右翼線へ二塁打を放った。
 オリックスで1278安打、メジャーでは2979安を記録。日米合計の数字のため公式記録にはならない。

 そんなこともありイチローは試合後の会見で「日米合わせた数字ということで、どうしたってけちがつくことは分かっていた。ここに目標を設定していなかった」と語った。そして「いつかアメリカでピート・ローズの記録を抜く選手が出てきてほしい。それはジーターみたいな人格者であることが理想。もっと言えば、日本だけでピート・ローズの記録を抜くことが、おそらく一番難しい記録だと思うので、これを誰かにやってほしい」と話した。

 また「アメリカに来て16年目になるんですけど、途中、チームメートであってもしんどかったことはたくさんあった。去年このチームに来て、1年間一緒にやって、今年は少しメンバーが変わりましたけど、チームメートとしては最高のチームメートとはっきりいえる。本当に感謝しています」とチームメートへの感謝の気持ちを口にした。

 今後は大リーグ史上30人目となる通算3000本安打が目標となるが、イチローにとってはそこも通過点に過ぎない。