人気の洋食&おつまみシリーズのオリジナルメニューが楽しめる期間限定カフェ

 1人前の洋食シリーズ「麻布十番シリーズ」などで知られる中島董商店が、創業100年を記念し、東京・青山に期間限定カフェ「nakato café」をオープンした。

 カフェでは「麻布十番シリーズ」とワインによく合うおつまみシリーズ「MAISON BOIRE(メゾンボワール)」の2つの主力ブランドを使用したメニューを考案。同社がこれまで大切にしてきた、上質でこだわりのある食を、ランチとディナータイムにそれぞれ週替わりで提供するという。

『nakatoダブルカレー「ドライカレー」と「野菜カレー」』は、2種類のカレーが楽しめるプレートランチ。麻布十番シリーズの「ドライカレー」をご飯にかけ、同「野菜カレー」を別に盛り、フォカッチャや季節の焼き野菜とともに提供する。

『かにトマトクリームパスタ 桜海老添え』は麻布十番シリーズの「かにトマトクリーム」を使用。桜海老と季節の野菜をトッピングして、nakato selectionの「アロマティックオリーブオイル(レモン&ジンジャー)」で味を調えた。桜海老の香りとトマトの酸味が初夏を感じさせるさわやかなメニューだ。
 また、ディナータイムには麻布十番シリーズを使用したメニューのほか、メゾン ボワールシリーズとnakato selectionのワインとのセットメニューも用意。メゾン ボワールシリーズの「陸奥湾産ベビー帆立のオイル漬け」と「ドメーヌ オリヴィエ メールラン マコン ラ ロッシュ ヴィヌーズ ブラン」(白ワイン)のセット(バゲット付)や、「国産鶏レバーのパテ」と「シャトー サン ドミニク ピュイスガン サン テミリオン」など、自宅でも真似したくなるおつまみとワインのマリアージュが楽しめる。

「nakato café」は6月17日(日)まで、ロイヤルガーデンカフェ青山(港区北青山)で営業。