篠原涼子、90年代を振り返る「『恋しさと せつなさと 心強さと』を歌ってました!」

 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』完成披露舞台あいさつが30日、都内にて行われ、主人公役の篠原涼子や、その高校時代を演じた広瀬すずら豪華女優陣が大根仁監督とともに登壇した。

 日本でも大ヒットした韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を、舞台を日本に移し90年代を代表するJ-POPソングを散りばめて再構築した青春音楽映画。当時のヒットメイカー、小室哲哉が映画音楽を担当。完全オリジナルで劇伴24曲を手掛けている。

 レッドカーペットには、篠原と広瀬、板谷由夏と山本舞香、小池栄子と野田美桜、ともさかりえと田辺桃子、渡辺直美と富田望生という、現代とその高校時代を演じた女優たちがペアになって登場。“現代”の状況が不明という役どころの池田エライザは大根監督との登場となった。
 トークが始まるや「ルーズソックスは2500円くらいした」「ポケベルが欲しかった」と90年代を懐かしく振り返る大人チーム。「コギャル世代より少し上だった」という篠原は「当時は『恋しさと せつなさと 心強さと』を歌ってました(笑)」と小室が手掛けた自身の大ヒットソングを振り返った。小室との22年ぶりの“タッグ”に篠原は「衝撃的な運命を感じました」と感慨深げに語り「私は1990年にデビューして小室哲哉さんと出会って、歌を歌ったことでメディアに出させていただくようになりました。その恩を何もお返しできないままだったので、こういう形でまたご一緒させていただけたことに感謝するばかりです」と小室への変わらぬリスペクトを明かした。

 また今回、広瀬が高校時代を演じていることについて篠原は「すずちゃんが演じると聞いたときは、整形させてもらうかCGで顔を似せてもらうようお願いしようかと本気で思いました」と衝撃告白。大根監督は「皆さん、最初は似てないと言うんだけど、映画を見た人は似てると驚きます。それも僕の腕なんですけど」と自身の見立てを自賛していた。

 映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は8月31日より公開。