乱入のベッキーが松葉杖でロンダとシャーロットを滅多打ち【2・17 WWE】

ロンダは試合ではルビーに何もさせず(©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
試合はロンダがルビーに完勝で王座防衛も…

 WWE「エリミネーション・チェンバー」(現地時間2月17日、テキサス州ヒューストン/トヨタ・センター)でロウ女子王者ロンダ・ラウジーがルビー・ライオットを相手に防衛戦を行った。

「レッスルマニア35」(4月7日、ニュージャージー州イーストラザフォード/メットライフ・スタジアム)で王座挑戦が決定したシャーロット・フレアーが見守る中で試合開始。ロンダは払い腰からのパイパーズ・ピットをルビーに決めると、会場のレッスルマニアサインを指差して必殺のアームバーを炸裂。ルビーに何もさせずタップ勝ちを収めた。
乱入したベッキー(右)はシャーロット(左)を襲撃(©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
「レッスルマニア」当日までベッキーの動きに注目!

 実力の違いを見せつけ勝利を収めたロンダはリング上でシャーロットと火花を散らす。するとそこへ王座戦を剥奪されたベッキー・リンチが松葉杖姿で登場。挑戦権を横取りされ怒り心頭のベッキーはシャーロットを松葉杖で滅多打ち。ベッキーはさらにロンダも背後から襲撃、慌ててスタッフが止めに入るまで松葉杖で打ちのめした。

 レッスルマニアでのロンダvsシャーロット戦はもちろん、それまでのベッキーの動きからも目が離せなくなってきた。