バイきんぐ小峠がムンクの「叫び」に!「はげてみるもんです」

2018.10.27 Vol.Web Original

 東京都美術館で、きょう27日から「ムンク展―共鳴する魂の叫び」がスタートする。オスロ市立ムンク美術館の世界最大コレクションを中心に約90点の抽象画に版画などを加えた約100点のムンクの作品を展示する。世界で最も有名な作品のひとつで、ムンクの代表作「叫び」のテンペラ・油彩画が初来日を果たすことでも、話題を集めている。  開幕を控えた25日、その「叫び」の前でPRイベントが行われ、お笑いコンビのバイきんぐの小峠英二が登場。小峠は特殊メイクをして「叫び」で描かれている人物になり切ってポスターを制作。小峠は「はげてるってだけでこういうお話をいただけるなんてね、はげてみるもんです」。  このイベントで初めて仕上がりを見たという小峠は開口一番「あら、いいですね!」。腰のひねらせる角度や手の位置などもオリジナルに忠実に再現しており、「どこに出しても恥ずかしくない。あれ(本物)と入れ替えてもバレなさそう」と満足気だった。

上野公園で野外シネマ「サマーウォーズ」で #平成最後の夏 を本気で締めくくれ!

2018.09.18 Vol.Web Original
 上野の東京国立博物館は9月21、22日、恒例となった「博物館で野外シネマ」を開催する。上映するのは長編オリジナルアニメーション映画『サマーウォーズ』(細田守監督、2009年)。  当日は、博物館の敷地の中で、屋台のフードやドリンクを楽しみながら、映画を鑑賞できる。さらに、『サマーウォーズ』のオフィシャルグッズの販売、現在池袋パルコで開催中の「未来のミライカフェ」が出張オープン。さらに、劇中のキャラクターと写真が撮れるフォトスポットも登場する。また、映画の舞台になった長野県上田市のブースなどもある。  映画の上映は、21、22日とも19時から。上映時間は約120分。会場は東京国立博物館本館前。雨天時は中止。中止の際には当日朝10時までにツイッターなどで告知される。  参加には事前の申し込みは不要。映画鑑賞は無料。ただ東京国立博物館の入場料が必要になる。同博物館の総合文化展チケットとトーハクオリジナルレジャーシートつきのセット券の販売もある。セット券は一般が1000円、大学生が800円。レジャーシート(500円)は会場内での販売もある  このイベントは、東京国立博物館と移動映画館キノ・イグルーがタッグを組んで行っているもの。2016年に細田監督の『時をかける少女』を上映した際には、1回の上演に6500人を超える人が集まった。

猛暑からトリップ! おすすめアート展「没後50年 藤田嗣治展」

2018.08.21 Vol.709
 明治半ばの日本に生まれ、80年を超える人生の約半分をフランスで暮らし、晩年にはフランス国籍を取得して欧州で亡くなった画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ 1886-1968)の大回顧展。2018年は藤田が世を去って50年目。本展では、日本はもとよりフランスを中心とした欧米の主要な美術館の協力を得てその画業の全貌を展覧。 「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマを設けて、最新の研究成果等も盛り込みながら、藤田芸術をとらえ直そうとする試み。精選された作品100点以上を展示。中でも、パリのポンピドゥー・センターや、ベルギー王立美術館、アメリカのシカゴ美術館など、欧米の主要な美術館から、初来日作品も含め約20点の代表作が出展。また数年前に修復を終えた大原美術館の《舞踏会の前》や東京国立近代美術館の《五人の裸婦》など、藤田の代名詞ともいえる“乳白色の下地”による裸婦10点以上もそろう。

上野に“江戸”がやってくる3日間/7月26日(木)の東京イベント

2018.07.26 Vol.Web Original

 江戸の空気を感じる日本文化のお祭りが上野にやってくる! 日本の伝統工芸をはじめとする日本文化を誰もが気軽に体感できるイベント『東京江戸ウィーク』が本日26日から29日まで、上野恩賜公園にて開催される。  3回目を迎える今年も、江戸の風情あふれる企画がめじろ押し。26日のオープニングイベントでは、江戸ワンダーランド日光江戸村とコラボし、華やかな花魁道中を実施。会場内とやぐらステージの周りを練り歩く幻想的な光景を楽しもう。

今日はパンダのシャンシャン、1歳の誕生日/6月12日(火)の東京イベント

2018.06.12 Vol.Web Original
 本日6月12日は、昨年上野動物園に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃん“シャンシャン”の1歳の誕生日! 上野エリアの商業施設でも、誕生日を記念したフードやアイテム、イベントなどが目白押し。

及川光博『相棒』共演の大杉漣さんを偲ぶ

2018.02.24 Vol.Web original
『プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』の内覧会が23日、上野の国立西洋美術館にて行われ、同展のプレゼンターを務める俳優の及川光博が登壇した。  17世紀に宮廷画家として活躍したスペインの巨匠ディエゴ・ベラスケスの作品を、プラド美術館が海外への貸し出し点数としては最大となる7点を出展。同館が所蔵する同時期の作家の作品とともに紹介する。

上野シタマチにスケートリンクが出現/12月8日(金)の東京イベント

2017.12.08 Vol.Web Original
 今年、新たな上野のランドマークとなる複合商業施設「上野フロンティアタワー」がオープン。周辺の施設と合わせて「シタマチ.フロント」と命名されたこのエリアは早くも注目のお出かけスポットとなっている。

約3億円の金の輝き! 金製品300点が集結/12月7日(木)の東京イベント

2017.12.07 Vol.Web Original
 金製品人気が続くなか、仏具、茶器、アクセサリーなど金製品300点、約3億円分が集結する「金の祭典」が松坂屋上野店で本日7日からスタート。  愛らしいパンダや、2018年の開運を願う干支・戌、約2000万円の純金製ふくろうの置物も登場するほか、人気の金のおりんや仏像など、仏具や縁起物も勢ぞろい。

上野・不忍池が夜に光る!?/11月10日(金)の東京イベント

2017.11.10 Vol.Web Original

 上野・谷中エリアを舞台にした都市型野外アートフェス『TOKYO数寄(すき)フェス 2017』が19日まで開幕。本日10日は15時30分より上野公園 噴水前広場にてオープニングセレモニーを開催する。

台東区初のシネコンも 上野フロンティアタワー開業で行列

2017.11.05 Vol.Web Original
 上野御徒町エリアの新ランマークとなる「上野フロンティアタワー」が4日、開業した。オープンを待つ人が早朝から行列を作り、約800人が15分早まったオープンとともに入店した。  この施設は、本館に加え、地下1階に松坂屋上野店、1階から6階にPARCOの新展開「PARCO_ya(パルコヤ)」、7~10階は「TOHOシネマズ」、12~22階はオフィスで構成される複合商業施設。松坂屋上野店には地域の情報発信や物販・イベントなども行う「上野が、すき。ステーション」も季節される。  店舗を核にしたエリアは「シタマチ.フロント」と名づけられ、新しい下町文化の創造と再活性化をリードする存在になることを目指す。

超お買い得!“お中元ギフト”解体セール/8月8日(火)の東京イベント情報

2017.08.08 Vol.Web Original
 約3000種類20万点の食品特価品が集結する「お中元ギフトセット解体セール」が8月8日から21日まで、松坂屋上野店にて開催。ギフトセットのバラ売りや箱売りをはじめ、缶詰・調味料・油・麺類・レトルト食品・ハム・ビールなどの食品特価品が第集結。会場では“猛暑応援コーナー”として、飲料やゼリーのほか、 夏に食べたくなるカレーなど暑い夏を乗り切るためのアイテムを集めたコーナーも登場。  他にも“防災・非常食品特集”など、この機会に買っておきたいアイテムが勢ぞろい。ギフトにしたいこだわり品をお買い得に購入できるこの機会をお見逃しなく!

Copyrighted Image