熱々のつけめんと冷え冷えの「氷ラーメン」



銀座ラーメン(東銀座)





ph_tokyo0300.jpg





 東京メトロの東銀座駅のA2出口を出て、シネパトスの近くにあるのが、その名も「銀座ラーメン」。一番の驚きは、つけめんを食べる際、つけ汁をIHヒーターで温めるところ。普通つけめんを食べるときはめんをつけるたびにスープは冷えていくが、銀座ラーメンは最後まで熱々だ。





 基本は「ラーメン」(700円)と「つけめん」(750円)。つけめんは、魚介とんこつ系で風味豊か。食べ応えのある太いめんが400�cと山盛りのため、しっかり食べたい人には打って付け。いわゆるトッピング全部乗せの「銀座つけめん」はチャーシュー6枚、味玉、海苔3枚、メンマ、小松菜、キクラゲ、シイタケ、エビというボリュームで1050円。終日「大盛サービス」をやっているぞ。





 暑い夏におすすめは「氷ラーメン」(800円)。しょう油ダレの冷製スープの中に、そのスープをそのまま凍らせた氷のボールを入れることで、冷たいまま、なおかつスープが薄まらないままラーメンを楽しめるスグレモノ。店長曰く「冷やし中華のラーメン版」とのこと。この氷ラーメンで夏を涼しく過ごそう。







『銀座ラーメン』【住所】東京都中央区銀座4-10-14 ネオパイン銀座410 1F 【電話番号】03-5148-0802