上戸彩「オフィスの節電はキレイで快適に」

ph_web02.jpg


環境省が提唱する「ウォームビズ」の一環として発足した「ECO de OFFICE(エコ・デ・オフィス)」が推進キャンペーンを展開する。アンバサダーに女優の上戸彩が選ばれ24日、都内で発表会が行われた。





 同キャンペーンは、さまざまな団体・企業がタッグを組み、節電しながら、働く女性が暖かく快適にオフィスで過ごせるスタイルを提案するもの。特別協賛企業のナイガイ、西川産業、ワコールがそれぞれ、機能性とファッション性を両立させるレッグウォーマーやひざかけ、肌着などを紹介した。





  上戸は「実は裸足が大好きで、ムートンのブーツを裸足で履くことも。スタッフのほうが体を冷やさないように心配してくれて……」と告白。さらに「衣装は季節が関係ないので、顔だけの撮影の時は下のほうは見せられないぐらい防寒することも。映っているところと映っていないところは別世界です」と笑わせつつ、「冷えは女性の体にも良くないので、オフィスでも節電しながら、キレイに暖かく過ごして下さい」と働く女性にメッセージを送った。