東急ホテルズのシェフがNO.1を競う料理コンテスト開催

ph_web06.jpg

グランプリを受賞した宮崎シェフの作品「さくらリゾットを添えた鯛のくるみ焼き 春を呼ぶ萌黄色の野菜と共に」





「第11回東急ホテルズ料理コンテスト」が1日、パン パシフィック 横浜ベイホテル東急にて開催され、同ホテルの宮崎大生シェフがグランプリを獲得した。



 料理人の育成を目的に、毎年全国の東急ホテルズに所属する若手調理人が参加し、地方予選を勝ち抜いたファイナリストからグランプリを決めるコンテスト。今年は「健康的・体に優しい“魚と野菜”を使った一皿」をテーマに、ファイナリスト6人が腕を競い、グランプリ・準グランプリ・特別賞が表彰された。



 グランプリを受賞した宮崎シェフの作品「さくらリゾットを添えた鯛のくるみ焼き 春を呼ぶ萌黄色の野菜と共に」は、一部を除く全国の東急ホテルズで、4月から販売される予定。