世代を超えて女子ゴコロを直撃する、渋谷ヒカリエの”女子的フード”



ph_tokyo0100.jpg


(写真左)ジョエル・ロブション氏による世界初のブランジュリー専門店「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」。ロブション氏のこだわりを味わおう。 (写真右)ビンに入ったいろいろなオーガニックのドライフルーツ。見ているだけでも楽しくなる!?「ファーイーストバザール」



 先月末にオープンし、連日にぎわいをみせている渋谷ヒカリエ。働く女性たちを意識した、こだわりの出店ラインアップが大好評だ。その中でも、世代を超えて女性たちを夢中にさせているのがB3~B2のフードエリアのようだ。そのポイントは"オーガニック""自然派"といったキーワード。ナチュラル食材やデリが揃う「ナチュラルマーケット」、「プチデリファクトリー」、「オーガニックハウス」などは、スモールサイズや1人用フードが豊富なところも、働く世代の女性たちに好評だ。さらに、ラグジュアリー感を味わえる"ブランド"グルメも大人の女性たちの目を引きつけている。ジョエル・ロブション氏による世界初のブランジュリー専門店「ル パン ドゥ ジョエル・ロブション」には、オーガニック小麦や国産小麦を使用したバケットやカンパーニュ、限定パンなど、ここでしか買えないブランジェリーがずらり。他にも「ル・ショコラ ドゥ アッシュ/ポール・バセット」や「ヨロイヅカファーム・トーキョー」など有名シェフ、パティシエの"ここだけの味"を楽しめる店が集う。世界から取り寄せたオーガニックのドライフルーツやオリーブなどを揃える「ファーイーストバザール」、野菜本来のおいしさと栄養価を育む"永田農法"を開発した「りょくけん」が展開するフルーツ&ベジタブルスイーツ「ゆりい香」など、こだわり派を満足させる専門店も見逃し厳禁。
 新しい発見や極上の出会いが期待できる"デパ地下"として、今後も世代を超えた女性たちを引きつけそう。