武井咲、佐藤健に偏食を暴露され「すっぽんはハードル高い!」

20120628a.jpg 映画『るろうに剣心』の完成披露イベントが27日、都内にて行われ、俳優の佐藤健、武井咲、吉川晃司、蒼井優、青木崇高、田中偉登、江口洋介、大友啓史監督が登壇した。
 同作は人気コミックを原作に、大河ドラマ『龍馬伝』を手掛けた大友監督がメガホンを取って実写化された話題作。幕末に伝説の剣客と呼ばれた緋村剣心の活躍を描く。 役作りについて佐藤は「子供のころから原作を読んでいて、僕の中に理想の剣心像があったので、それを演じました」と明かし、出来栄えにも大きな自信をのぞかせた。蒼井が「『龍馬伝』でチームワークができていたんですが、武井さんと共演したことが無い人が多かったので、武井さんに1日でも早く慣れてもらおうとして...」と撮影を振り返ると、佐藤が「武井さんが偏食だったので、みんなで武井さんが食べられる物を探していました」と暴露。「最初にすっぽんが出てきたんですよ。ハードル高くないですか!?」」と焦る武井に、さらに蒼井が「結果的に、うどんがあれば大丈夫ということでした」と合わせ、会場は大爆笑。武井の偏食のおかげで?一丸となった"るろ剣"チームは皆、作品の出来栄えに自信をのぞかせていた。



 映画は8月25日(土)より全国にて公開。