実力派俳優・新井浩文、ロマンティックすぎる台詞に困惑!?

20120904c.jpg 映画『赤い季節』の完成記念イベントが3日、都内にて行われ、俳優の新井浩文、村上淳、新居延遼明、能野哲彦監督がトークショーに出席した。
 



 チバユウスケによるソロプロジェクト・SNAKE ON THE BEACHの楽曲にインスパイアされて生まれたという作品。デビュー10周年を迎える新井がハードボイルドな主人公を熱演するほか、チバユウスケ、中村達也、イマイアキノブという豪華メンバーで結成された劇中限定バンド・THE GOLDEN WET FINGERSも話題となっている。
 



 元殺し屋の主人公・健を演じる新井は「熱い男の映画だけど監督はピュア。脚本をもらって初めは正直、セリフがくさすぎて。能野監督はロマンティストなので(笑)」と、台詞の修正を頼んだが結局は監督のリクエストに答えたという苦労話?を披露し、会場の笑いを誘っていた。
 



 またこの日は、豪華なライブも実現。本作で俳優デビューを飾った新居延遼明率いるアコースティックユニット・パンジーと、チバユウスケ、中村達也、イマイアキノブという豪華メンバーで結成された劇中限定バンド・THE GOLDEN WET FINGERSが登場。ここだけの白熱ライブを繰り広げ、キャストと観客を熱狂させた。
 



 映画『赤い季節』は10月13日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて公開。