MOVIE 生田斗真が驚異のダークヒーローに!

『脳男』
 並外れた記憶力・知能・肉体を持ちながらも、一切の感情を持たず犯罪者を抹殺する、美しき殺人者“脳男”。生田斗真が、究極のダークヒーローとしてスクリーンに登場!

 首藤瓜於(しゅどう うりお)の第46回江戸川乱歩賞を、『犯人に告ぐ』の瀧本智行監督が映画化。ロバート・アルトマン作品などで知られる栗田豊通が撮影監督を務める。

『人間失格』、『源氏物語千年の謎』、『僕等がいた』(前篇・後篇)など、多彩な魅力を表現してきた彼が、今回は“表情”“感情”を封印し、絶対的正義を遂行するため殺人をも厭わない“脳男”鈴木一郎というダークな難役に挑戦。これまでの作品とはまったく違う生田斗真の存在感に注目だ。

 そんな“脳男”に人間らしい感情を取り戻させようとする精神科医・鷲谷真梨子役に松雪泰子。連続爆弾魔を追う刑事・茶屋役に江口洋介。『ヒミズ』でヴェネツィア国際映画祭最優秀新人賞を受賞した二階堂ふみが爆破犯・緑川紀子に扮する。
STORY:都内近郊で無差別連続爆破事件の犯人を追う刑事の茶屋は犯人のアジトにいた身元不明の男を連行する。“脳男”と呼ばれる彼の正体は、並外れた知能と肉体を持ちながら感情のかけらもなく犯罪者を抹殺する“殺人ロボット”だった。

監督:瀧本智行 出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介他/2時間5分/東宝配給/2月9日より全国東宝系公開 http://www.no-otoko.com/ PG12