クロちゃん&あき竹城、映画館で絶叫対決!

20140108c.jpg

 映画『インシディアス 第2章』の上映イベントが7日、都内映画館にて行われ、宣伝隊長のクロちゃん(安田大サーカス)が白装束をまとった"シロちゃん"となって登壇。トレードマークの黄色い声で映画をPRした。




 同作は大ヒットホラー『ソウシリーズの』ジェームズ・ワンとリー・ワーネルが手掛ける恐怖映画の第2弾。悪霊に取りつかれた一家の戦慄の体験を描く。




「宣伝隊長ということで、みんなを怖がらせようと思って、こんな恰好をしてきたの」とクロちゃん。そんなクロちゃんの怖いものというのが、劇中に登場する悪霊"白塗りババア"。前回のイベントで、白塗りババアに扮した北斗晶に、劇中シーンになぞらえビンタされたというクロちゃんは「めっちゃ怖かったですよ。20回くらいビンタされましたから。白塗りババアにはもう会いたくない!」とトラウマ状態。するとそこへ「そんなこと言うから出てきたわよ~」となまった声が。なんと今回、白塗りババア姿で登場したのは女優のあき竹城。不気味な白塗りメイクで「ど~お、キレイでしょ?」と、自身もまんざらでもない様子。そんなあきに、お約束の"マックスビンタ"をされたクロちゃんは「吸い"憑いて"やる~!」と、あきに何度もキス。本気で嫌がったあきから、さらにマックスビンタを受けていた。 




 不気味な恰好にも関わらずまったく怖さの無い2人は「映画はとにかく怖いので、遠慮せずに"キャー"と大声をあげてね」と、悲鳴のお手本を連発。さらに競うように観客に悲鳴の練習をさせ、劇場には2人の絶叫と苦笑気味の悲鳴が響き渡っていた。


 1月10日よりシネマサンシャイン池袋ほかにて全国公開。