見る 伝統工芸職人の技と美&京蒔絵の世界

 京都市が伝統産業中堅技術者の中から認定した「未来の名匠」による展示会。1200年を超える歴史で受け継がれてきた技と美が、現代の伝統工芸職人によりよみがえる。

 また、400年前に日本にやってきた宣教師たちを驚かせた「高台寺蒔絵」の技法を再現した、東海東京証券プレミア美術展「下出祐太郎の世界−京蒔絵・伝統の継承と美の再現−」も開催。下出祐太朗(下出蒔絵司所)により、忠実に再現された蒔絵屏風の数々を展示。1200年の歴史と伝統を持つ京蒔絵の歴史、製作工程、道具や材料等の紹介、あわせて蒔絵師による講演や実演のほか演奏会も予定。
京都市伝統産業「未来の名匠」技の披露展
【開催日時】2月4日(火)12〜20時
【会場】丸ビル1Fマルキューブ
【住所】千代田区丸の内2-4-1
【問い合わせ】京都市伝統産業課 TEL:075-222-3337

「下出祐太郎の世界−京蒔絵・伝統の継承と美の再現−」
【開催日時】2月4日(火)〜16日(日)/平日9〜18時、土日祝11〜17時(最終日は15時まで)
【会場】東海東京フィナンシャル・ギャラリー
【住所】中央区日本橋3-6-2日本橋フロント1F
【問い合わせ】東海東京証券カスタマーサポートセンター TEL:0120-746-104(平日8〜18時、土9〜15時、日祝休み)
【URL】http://www.tokaitokyo.co.jp