今日も食べ過ぎ東京グルメ探偵 お好み焼き 京ちゃばな(新宿)

おいしいものがあると聞けば、調査に行かずにはいられない「東京グルメ探偵」。メタボを気にしつつも食べ過ぎてしまうのがたまにキズ。さて、今日のタレコミは…?
 関西で大人気のお好み焼き専門店が東京初上陸! お好み焼きといえば関西、関西といえばお好み焼き。そんな激戦区に関わらず女性に大絶賛という店の秘密を探りに早速潜入開始!

 店に入ると何やらレトロな町屋風インテリア。聞くと、店の発祥は京都で、伏見稲荷の千本鳥居や町屋の雰囲気を模しているという。

 人気のメニューは野菜をたっぷりと使ったヘルシーなお好み焼き。しかもただ野菜を使っているだけではなく、調理方法も斬新で、その新しい味の世界が、多くの女性の舌をうならせ、お腹も心も幸せで満たしてくれるというのだ。

 まず頼んだのが「季節野菜の鉄板蒸し焼き西京味噌のバーニャカウダ」。この日の野菜は、聖護院大根、京かんざし、万願寺唐辛子、よもぎの生麩、赤かぶ、なす、ブロッコリー。蒸し焼きにされた野菜をほんのり甘い西京味噌のソースにつけて食べると…。野菜の旨みがダイレクトに飛び込んでくる。甘くて、野性味があって、濃くて、土の匂いを感じるような、野菜そのものの味。しかもなかなか食べられない京野菜は女性だけではなく、グルメな男性も納得な味。


 そしてお待ちかねのお好み焼きは、なんとトマトソースで味わう「とまとお好み焼き」の豚肉&チーズ足し。熱々のお好み焼きは、ヘラで切れ目を入れると中はほとんどキャベツの千切りで、粉はつなぎとしてわずかに使っている程度。中からとろーりと流れ出る卵、酸味のあるトマトソースとマヨネーズ、そして和風だしの聞いたキャベツベースの生地が、めちゃくちゃうまい! キャベツの甘み、トマトの酸味、チーズのコクとなんでこんなにバランスがいいのか? 今まで食べたことがない味わいと食感に“東京に進出してくれてありがとう”と思わずお礼をいいたくなるほど。ほかにも、「アボカド黒焼きそば」は、麺にヘルシーな日本そばを使用し、和風だしをベースにしたソースにマスタードを加えるなど、これまでにないアイデアのメニューが満載。もちろんドリンクも各種そろっているので、いろいろなつまみやお好み焼きに合わせてチョイスする楽しみも。ヘルシー志向の人にオススメの店に認定!
NULL
お好み焼き 京ちゃばな 新宿店
【住所】新宿区新宿3-6-9 山口ビルB1
【TEL】03-3353-1575
【営業時間】月〜木 17時〜24時、金・土 17〜翌3時、日 17〜22時
【定休日】年末年始
【江戸瓦版的落語案内】柳田格之進(やなぎだかくのしん)
GENERATIONS 小森隼の【小森の小言】第6弾
「フェスに!フェスに!こんがり!」
【江戸瓦版的落語案内】皿屋敷(さらやしき)
【鈴木寛の「2020年への篤行録」】第46回 日本の高校が輩出するグローバルリーダー
【江戸瓦版的落語案内】あたま山(あたまやま)
黒谷友香『友香の素』vol.176 最近の「読書」。