『ダラス・バイヤーズクラブ』試写会に15組30名

【日時】2月12日(水)18時30分〜【会場】一ツ橋ホール(神保町)
 先日発表された第71回ゴールデングローブ賞で、マシュー・マコノヒーが主演男優賞、ジャレッド・レトが助演男優賞というW受賞を果たした注目作。

 ロデオと酒と女…トレイラーハウスでその日暮らしを送るカウボーイ・ロンは、ある日突然意識を失い、病院へ運び込まれた。目が覚めたロンに告げられたのは、HIVの陽性反応が出て、余命30日であること。当時は、有名俳優のロック・ハドソンがエイズであることが公表され“同性愛者しかかからない病気”という風評を皆が信じていた時代。自分は同性愛者でもないのに…と納得できないロンは自力で情報を集めていく。自分が確かにエイズだと確信したロンは、アメリカで未承認の薬をメキシコから持ち込むと、ダラス・バイヤーズクラブという会員クラブを作り、他の患者たちにもさばき始める。ところがそんな彼の前に医師や製薬会社、政府が立ちはだかり…。

 21キロの減量で難役に挑んだマコノヒーの演技に批評家も絶賛。ロンをサポートするトランスジェンダーのレイヨンに一時俳優休業を宣言していたジャレッド・レト。2月22日より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー。