『ぼくたちの家族』試写会に15組30名 

【日時】5月8日(木)18時30分〜【会場】よみうりホール(有楽町)
『舟を編む』で日本アカデミー賞を席巻した石井裕也監督が妻夫木聡ら豪華キャストを迎え、“家族”というテーマに全力で挑んだ。

 注目の新進作家・早見和真が、自身の体験をもとに書き上げた同名小説を読み、「僕自身の話だ」と驚いたという石井裕也監督が「本気で家族というものに向き合いたかった」と自ら脚本を書き上げた意欲作。真面目な長男・浩介役に妻夫木。一見クールな次男・俊平役に池松壮亮。見栄っ張りで頼りない父役に長塚京三。そしてしだいに少女のようになっていく母役に原田美枝子。

 若菜家は、息子2人、父と母の平凡な家族。だがある日、若菜家の母・玲子に脳腫瘍が見つかった。末期症状のため余命1週間だという。父は取り乱し、長男の浩介は言葉を失くし、次男の俊平は冷静を装う。やがて“どこにでもいる家族”に潜んでいた秘密が表面化していく。どうしたらいいか分からない、でも投げ出すことなんてできない。若菜家の男たちがとった“悪あがき”とは…。

 5月24日より全国公開。