『カンチョリ オカンがくれた明日』試写会に10組20名

【日時】5月8日(木)18時30分〜【会場】シネマート六本木(六本木)
 釜山の港町を舞台に、病気の母親を支えるため、金もコネもない青年が奮闘する姿を描く感動作。

 注目俳優ユ・アインが、無愛想ながらも情に厚く、母親思いの主人公・カンチョリを、認知症を患いながらも天真爛漫な母・スニを“韓国の母”といわれるベテラン女優キム・ヘスクが好演。本当の親子のように息の合った2人の演技が、ときにコミカルに、ときに熱い感動で包み込む。

 ぶっきらぼうだが情に篤いカン・チョル、通称・カンチョリは、病気で認知症の母スニと二人暮らし。お金もコネも夢もないが、母の面倒を見ながら、釜山港で働きながら一日一日を懸命に生きてきた。そんなある日、カンチョリはソウルからやってきた自由人・スジと出会う。彼女と心を通わせていくカンチョリは、しだいに人生で初めて、外の世界へ旅に出る夢を抱くようになる。ところがそんなとき、スニの容体が悪化してしまう。
 5月17日よりシネマート新宿他にて公開。