三代目J Soul BrothersがTCKでプレミアムライブ

 中央競馬と地方競馬の交流レース「帝王賞」が行われた大井競馬場の内馬場特設ステージで、25日、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEがプレミアムライブを行った。この日は新曲『R.Y.U.S.E.I.』のリリース日。同曲が2014年TCKイメージソングとなっていることからこのライブが実現した。メーンレースの帝王賞が終わった8時40分、三代目がステージに登場すると、抽選を勝ち抜いた約3000人のファンから一斉に歓声が沸き起こった。大井競馬場でライブを行ったアーティストの中で、この数字は最大規模のものという。

 ライブでは『R.Y.U.S.E.I.』を皮切りに3曲を披露したが、開門の12時50分の前から多くのファンが並んでいたとあって、1曲目から会場は大盛り上がり。

 アンコールでこの日2度目の『R.Y.U.S.E.I.』を歌っているさなか、ポツリポツリと雨が…。しかし三代目もファンもお構いなしにプレイ。最高峰のレース「帝王賞」のゴール前にも匹敵する熱気で雨雲を吹っ飛ばした。