WRESTLE-1 グレート・カブキがムタ、TAJIRIを従え大立ち回り!!

 プロレスリング「WRESTLE-1」の「WRESTLE-1 TOUR 2015 TRIUMPH」が5日 、東京・後楽園ホールで開催された。

 メーンでは前回の後楽園大会で第4代王者となったZERO1の鈴木秀樹が浜亮太を挑戦者に迎え初防衛戦を行い、9分26秒、片エビ固めで勝利を収めた。

 これまでの鈴木の言動に「あんな品格のないチャンピオンを見たのは初めて」と挑戦の名乗りを上げた浜。その浜を挑発するように入場時にベルトを無造作にリングに投げ入れる鈴木。この行為に会場は大ブーイングだ。

 会場の声援を背にゴングからラッシュをかける浜。ぶちかまし、踏みつけ、エルボードロップとその体を武器とした肉弾殺法で鈴木を攻め続ける。カウンターのドロップキックからパウンド、腕十字で反撃する鈴木は得意のダブルアームスークレップスを試みるが、グリップできずにネックブリーカードロップに切り替える。再度ダブルアームスークレップスを狙うが、蘇生した浜はボディーアタック、コーナー下に座り込んだ鈴木にヒップアタック、そしてまさかの投げっぱなしジャーマンまで繰り出し鈴木を追い込む。

 しかし一連の攻撃を耐え抜いた鈴木は浜がフィニッシュに狙ったブレーンバスターを空中で切り返すと、スリーパーホールド。一度はそのまま後ろに倒れ込み脱出した浜だったが、鈴木は延髄斬りから再びスリーパー。落ちかかった浜をフォール。浜が2カウントで返したところにマウントからの強烈なエルボーを叩き込み、3カウントを奪った。

 試合後は、前回大会で鈴木に敗れベルト流出させてしまったKAI、タッグ王者の近藤、なぜか征矢学、そして初代王者の河野真幸がリングに上がり、挑戦をアピール。その様子を冷ややかに眺めていた鈴木は「挑戦者決定戦をやれ」と言い残しリングを去った。果たして次の挑戦者は誰になるのか…。

 セミファイナルでは「WRESTLE-1クルーザーディビジョン初代王者決定トーナメント決勝戦」が行われ、この日の準決勝でエル・イホ・デル・パンテーラを破った田中稔と、大和ヒロシを破ったカズ・ハヤシが対戦。田中が23分53秒、トルネードカッキーカッターからの片エビ固めで勝利を収め初代王者に輝いた。

 序盤、田中はカズの足を、カズは田中の首を狙い一進一退の攻防が続く。しかし徐々にカズが試合を支配し始め、田中には我慢の時間が続いた。カウント2.9でしのぎ続けるなか、会場は大稔コールに包まれる。カズのパワープラントを返した田中は大声援を背に反撃を開始。トップロープからのハーフハッチ、ダイビングフットスタンプ、そしてトルネードカッキーカッターと畳み掛け3カウントを奪った。

 試合後、4本のベルトを誇示する田中にTAJIRIが現れ、たった今取ったばかりのクルーザー級のベルトへの挑戦を表明。しかし田中は「体重制限がある」とやんわり拒否。しかし「(ドイツの)EWPのインターコンチネンタル王座のベルトなら。ラウンド制で」と逆提案した。TAJIRIも承諾。今後はベルトをめぐる2人の攻防が見られそうだ。

 この日はセミ前の「スペシャル6人タッグマッチ」にザ・グレート・カブキが登場。グレート・ムタ、TAJIRIとトリオを結成し、KAI、中之上靖文、児玉裕輔組と対戦。カブキはテーマソング「ヤンキーステーション」で入場するやヌンチャクのデモンスレーションから三人揃っての毒霧で会場を沸かせる。試合もアッパーカット、トラースキックと往年の動きを見せる。若い3人につかまりコーナーで串刺しの連続攻撃を食らうも、逆に3人相手に大立ち回りを見せると会場は大カブキコール。最後はコーナーに上った児玉に3人揃っての毒霧を浴びせてから、TAJIRIのバズソーキック、ムタのシャイニングウィザードを受けカブキがアッパーカットから児玉をフォールした。

 なおWRESTLE-1では、試合開始前に武藤敬司がリングに上がり、DDTの高木三四郎社長がCEO(経営最高責任者)に就任したことを発表した。

 高木社長はDDTの取締役社長とWRESTLE-1のCEOを兼務していくことになるという。発表後の会見で高木社長は「お客さんの熱がすごい。若い選手が豊富」とWRESTLE-1のイメージを語り、「日産とルノーのCEOをやったカルロス・ゴーン氏をお手本に、2つの団体を経営していく」と意気込みを語った。