小池と三浦「先陣切って楽しみたい」

 ブロードウェイ・ミュージカル『キンキーブーツ』〈来日版〉が5日、渋谷の東急シアターオーブで初日を迎え、小池徹平と三浦春馬ら日本人キャスト版で熱演を見せたメンバーが顔を揃えた。

 レッドカーペットを颯爽と歩いて一番最初に登場したのは小池と三浦。彼らを一目見ようと集まった初日の観客に手を振って笑顔を振りまくと、「本当に楽しみにしていました。僕たちが先陣を切って楽しんできたい。盛り上げたいと思います」とキラキラした笑顔を見せた。

 初日には、岸谷五朗ら同じく日本人キャスト版に出演したメンバーも多く駆けつけた。はるな愛、ドラァグクイーンたちも登場し華やかに彩った。

 経営難の靴工場を継ぐことになったチャーリーがドラァグクイーンのローラと出会い、さまざまな困難を乗り越えていく物語。シンディ・ローパーが全曲書き下ろしたことも話題で、2013年にはトニー賞で6部門で受賞した。
30日まで同所で。
新海誠監督「夢のよう」最新作『天気の子』舞台あいさつ
フジロックが出演アーティスト追加、ステージ割も発表! 
コメディアン大統領誕生なるか?
ついに巨人戦も! DAZNがジャイアンツホーム全試合の配信を開始
トランプ氏、また言っちまう
TOKYO[5weeks]TOPICS Last 2weeks 2017.7.6〜20