【今週の一言】2017.4.21〜2017.5.4<NEWS HEADLINE>

 クリントン元米国務長官が昨年11月の大統領選に敗れたのは、FBIが直前の10月28日に自身のメール問題の捜査を再開したためだとの認識を示し「選挙が10月27日に行われていれば、私が大統領だっただろう」(2日、ニューヨークでの女性問題に関する会合で)
→まあ大統領になってから捜査が始まったら大変だったし…。


 北朝鮮の朝鮮中央通信が核開発の中止を求める中国に対し「朝中関係の赤い線(レッドライン)を中国が越えている」「核は尊厳と力の絶対的象徴であり、赤い線を越えているのはわれわれではない」(3日)
→いやいや君らやろ。


 トランプ大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長について「スマートクッキー(利口な人物)」(4月30日に放送されたCBSテレビとのインタビューで)、て「私が会うことが適切であれば会談するだろう。そうなれば光栄だ」(1日、ブルームバーグ・ニュースのインタビューに)
→よし、どこでやる?


 小池百合子東京都知事が朝の通勤電車の混雑解消に向け「快適通勤の取り組みを『時差Biz』と名付け、皆さんと一緒に進めたい」(4月28日、快適通勤プロモーション協議会で)
→東京都は7月11?25日に実施するとか。うっかりみんなが同じ時間ずらさないように気をつけないといかんな。


 自民党の二階俊博幹事長が辞任した今村雅弘復興相の失言にあたって「一行でも悪いところがあれば、『けしからん、首を取れ』と。なんちゅうことか」(4月26日)、「本人の話を聞いてあげても良いのでは、との思いだ」(28日)
→まあ言った内容が内容だからなあ…。


 女子テニスの「ポルシェ・テニス・グランプリ」でドーピングよる15カ月間の出場停止処分から復帰を果たしたマリア・シャラポワ「合法的に使える代わりの薬は見つかったのか」と問われ「それは私とツアーとドクターが知っていればいい」(4月26日、1回戦を終えた後の会見で)
→質問自体が薬使うことが前提になっているのね。