内田理央がエステイメージキャラクターに就任、ダチョウ倶楽部がお祝い

おめでとうなのに……「上島のほうが内田さんより魅力的だと……僕は思う」と、肥後
 内田理央がエステの「スリムビューティハウス」のイメージモデルを務めることになり、29日、都内で行われた発表会に出席した。

 就任にあたって初めて本格的なエステを体験したそうで、「トロけました。(施術を受けた)翌日、マネージャーに足が細くなりましたって見られました!」と、その効果に大きな目をまんまるにした。
 
 内田は広告ビジュアルで、健康的な曲線美を披露。美の秘訣について聞かれると、「ストイックにやるのは大変だし、自分の手でやるのはとても大変。スリムビューティーハウスの力を借りて、健康的で女性らしいフォルムのあるラインを作りたいと思う」と、抱負を語った。

上島の……ではなく、内田の「健康的で美しい」ライン
 イベントには、ダチョウ倶楽部のおじさん3名が駆け付け、「最高級のエステ」だという「刺激を与えて肌がきれいになる施術」を実践。アツアツのおでんを肌にあてられた上島は、その場で、美しさに磨きがかかっていた。

 促されて、内田もアツアツのしらたきを上島の頬に押し付けて、自ら実践してみせると、その手際の良さをダチョウ倶楽部の肥後と寺門は絶賛。上島だけは少しばかりイラついていた。