千鳥大悟、ノブの「クセが強い」は「もう終わりかけ」!? 



「おかやま晴れの国大使」を務めている、お笑いコンビの千鳥が19日、都内で行われた「復興を後押し! 岡山県魅力発信プロジェクトPRイベント」に出席し、故郷である岡山県をアピールした。
 
「晴れの国は、映えの国でした。」をキャッチコピーに岡山県の魅力をアピールするキャンペーンのPRが目的。県内のさまざまな「映える」スポットで撮影した写真や「映え」な写真を、“#映えの国”のハッシュタグを使って、魅力を広めてもらい、多くの人に岡山に足を運んでもらおうというもの。


 千鳥はこのキャンペーンのポスターで着用した旅館の旦那さんと女将をイメージした、岡山産デニムで作った和服で登壇。ノブが「山もあるし海もあるし(映えなスポット)はいっぱいある」と、王子が岳や鍾乳洞「満奇洞」など、映えるスポットを紹介。中には「これはいい!」「岡山いたのに知らなかった」と2人を驚かせるものもあった。

 そのなかで、開口一番「やっちゃった!」とコメントが出たのは「#カキフライソフトクリーム」。ノブは「カキフライにソフトクリームでしょ。ソースみたいなのもかかってる。これはクセがすごいなあ……」。すると大悟がそっと「……もう終わりかけのギャグを」。ノブは「誰が終わりかけのギャグや! いくわ、2019年も!」。大悟は「終わりりよんど、あれはもう終わりよんど!」と新ためて強調すると、会場がどっと沸いた。

「終わりりよんど」
 イベントには、千鳥のほか、岡山県ご当地アイドルで西日本豪雨岡山復興支援チャリティーソング『僕は君を全力で笑顔にする』を歌うSha☆inとグループに楽曲提供をしたバグベアも出席した。