ヒデオ・イタミ 新パートナー・デバリ引き連れ格下相手に快勝【12・20 WWE】

勝ち名乗りを受けるヒデオ(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
デバリが観客に「この男にリスペクトを示せ」と一方的に称賛を強要

 WWEのクルーザー級を舞台とする「205 Live」(日本時間12月20日配信)にヒデオ・イタミが新たなパートナー、アリーヤ・デバリを引き連れ登場した。

 デバリは「この男にリスペクトを示せ。そうでないと今日の試合はキャンセルだ」と一方的に称賛を強要すると、ドレイク・マーベリックGMが登場して一時は出場停止処分を下す。しかし突如現れたノーム・ダーの説得でヒデオ対ノームの試合が組まれることとなった。

 試合はヒデオがレッグドロップなど打撃技を中心に攻め込むと、ノームもエルボーやスープレックスを繰り出して反撃。しかし、経験と実力に勝るヒデオは裏拳からの串刺しドロップキックを炸裂すると、最後はドラゴンスリーパーの体勢から強烈なヒザをノームに叩き込んで3カウント。ヒデオが格下のノーム相手に実力を発揮して快勝した。
戸澤のセントーンが炸裂(©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
戸澤&ケンドリックが因縁のギャラハー&グラックに激勝

 戸澤陽はブライアン・ケンドリックとのタッグで因縁のジャック・ギャラハー&ドリュー・グラックとルールなしのストリートファイトで激突した。

 両軍ともにトラッシュカン、モップ、パイプ椅子、マイクなどあらゆる物を凶器として使用。戸澤はグラックのトラッシュカンやマイクを使用した攻撃に苦しむも、逆にグラックにパイプ椅子を投げつけると、ひもでポストに縛り付けてバックハンドチョップの連打を見舞う。

 試合終盤、戸澤が奮闘してダイビング・セントーンをギャラハーに炸裂させると、さらにグラックには風車蹴りからトペ・スイシーダを狙うも、これはグラッグがトラッシュカンで迎撃。

 しかし、その隙にケンドリックがコーナートップからのジ・ケンドリックでギャラハーを沈めて3カウント。激闘を制した戸澤&ケンドリックが因縁のギャラハー&グラックに激勝した。