久保vs城戸のタイトル戦決定も株大暴落で久保欠場の恐れ??【3・10 K’FESTA.2】

久保の肩にはマルちゃん!
「K'FESTA.2」第一弾カード発表

 K-1平成最後のビッグマッチとなる「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(2019年3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)の第一弾カード発表会見が12月27日、東京都内で開催された。

 今回の大会はタイトルマッチ、日本vs世界7対7対抗戦、スーパーファイトの3つのテーマで開催することを冒頭、中村拓己K-1プロデューサーが発表。

 そしてこの日はタイトルマッチ4試合と日本vs世界の3試合が発表された。

 タイトルマッチはフェザー級、ライト級、ウェルター級、クルーザー級で開催。なかでもこの日の会見を盛り上げたのはウェルター級の王者・久保優太と挑戦者・城戸康裕。

 このタイトル戦は11月大会で内定していたのだが、久保の交通事故で延期。その大会で木村“フィリップ”ミノルにKO勝ちを収めたジョーダン・ピケオーがリング上から久保にタイトル戦を要求。久保もついついリングに上がり色よい返事をしてしまったため、城戸がピケオーの会見に乱入し「順番は守りなさい」と日本人の常識を説くという思わぬ展開になっていた。
最初の2ショットからこんな感じの久保(左)と城戸
久保のマイペースに城戸もたじたじ

 その後、12月の大阪大会で勝利を収めた野杁正明がピケオー戦をぶち上げ、図らずも城戸を援護射撃。結局、タイトル戦は久保vs城戸に落ち着き、野杁vsピケオーは「日本vs世界」の枠内で行われることとなった。

 いつもは城戸のペースで会見が進むのだが、この日は久保が入場から最近、SNSで話題の猿のマルちゃんを肩に置いて登場。そして城戸が喋る前に中村プロデューサーが「あまりふざけるとタイトルマッチを取り消します」と城戸のトークに釘を刺すなどいつもとは違うスタートとなった。もっともひとたび喋りだした城戸を止めることは不可能なのだが…。

 会見では城戸が「久保君、次は事故らないでよ。安全運手でお願いしますよ」といきなり久保をいじるが、久保に「おけまるです」と出鼻をくじかれる。

 城戸が続けて、ピケオーに促されリングに上がったことについて「あれ、ずるくない?」と久保を責めると、久保は「いや、お客さんが見たかったかなと思って(笑)。呼ばれたんで調子に乗って行っちゃいました」とまさに柳に風、暖簾に腕押し。そして「妻のサラちゃんが“せっかくだから連れて行きなさいよ”と言うので連れて来ちゃいました」とマルちゃんを連れて来たいきさつを説明するなどマイペースを貫いた。
「あれずるくない?」と取りあえず久保に抗議した城戸(右)
「3月9日に大暴落したら?」「俺、試合に来ないかも」

 もっとも試合については「3月10日は1年ぶりの試合。僕もあと何戦できるか分からない状況の中で格闘技人生をかけて毎試合やっているので、絶対このベルトを防衛して、いい2019年最初の試合にしたい」とこの時ばかりは真顔でコメントした。

 しかし城戸が久保の自宅を訪問した時のエピソードで「預金通帳を見せてもらったら0の数が違った。株では勝てないと思った」と言うと、久保は「今週、日経平均が超暴落してヤバいなと思って…。さすがに減りましたね。一瞬、昨日まで…」と株の話が始まる場面も…。そして試合前に株が暴落したら試合に影響するかと問われると「毎回試合の時はポジションを減らしたりして、なるべくメンタルには影響しないようにはしている」と話したものの城戸が「じゃあ3月9日に大暴落してもらえばいいってこと?」と聞くと久保は「そうしたら俺、試合に来ない可能性がある」とまさかの欠場予告。これには城戸が「来いよ! そこは来いよ!」と念を押す始末だった。
最後、全選手が揃ってのフォトセッション。前列の武尊とヨーキッサダーのシビアな表情とは対照的な城戸
ともに「メーンはいや」とここはシンクロ

 また野杁が久保よりピケオーのほうが強いと言っていることについて久保は「僕もそう思っているので対戦したかった。自分が勝てるかどうか分からない選手とやりたくて、アピールされた時に自分も“やってやる”と思って行ったんです。それって格闘家冥利に尽きるというか“これぞ格闘家魂なのか。よし、やっぱ僕は格闘家だな”ってあの瞬間に思いましたね」と完全に城戸を茅の外に置く。これには城戸も「その中に俺入ってないんですけど! 今日は俺も入れてよ」と抗議しつつも「でも俺もそうかなと思ってました。野杁君は強いですから。早く70キロに行ってくれないかな」とタイトルマッチを争う2人が揃って野杁とピケオーに一目置くという謎の展開となった。

 おまけに中村プロデューサーがメーンイベントになる条件として「ファンの期待値」を挙げると、久保は「メーンは…。試合の順番が遅くなるのは嫌。プレッシャーがかかるじゃないですか」、城戸も「俺もそう。シャワーを急がなきゃいけない感じね。あまりメーンはやりたくない。メーンだと煽りVがぶれてくるんで、暗くなったぐらいのちょっと後ろの時間がいい」とここはシンクロ。ともに昭和生まれのファイターらしい達観した姿勢を見せていた。
この日は7つのカードが発表された
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(2019年3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)第一弾発表カード

◆K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/湘南格闘クラブ)村越優汰 VS 卜部弘嵩(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

◆K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)卜部功也 VS 林健太(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)

◆K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/K-1ジム五反田チームキングス)久保優太 VS 城戸康裕(挑戦者/日本/谷山ジム)

◆K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/イラン/WSRフェアテックス・イラン)シナ・カリミアン VS 加藤久輝(挑戦者/日本/ALIVE)

◆日本vs世界・7対7/-59kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)武尊 VS ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー(タイ/ユッタチョンブリージム)

◆日本vs世界・7対7/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(日本/POWER OF DREAM)武居由樹 VS アレックス・リーバス(スペイン/Team Jesus Cabello)

◆日本vs世界・7対7/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM EBISU FREE HAWK)野杁正明 VS ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)