フォークで食べる年越し蕎麦が期間限定出店/12月30日(日)の東京イベント

新宿サザンテラス内に「SOUP SOBA」キッチンカー登場
SOUPSOBA「じっくり煮込んだきのこのクラムチャウダースープ蕎麦」「ピリ辛!豆乳坦々スープ蕎麦」「生姜たっぷり薬膳スープ蕎麦」各500円(税込)
 新大久保にある人気の創作蕎麦屋「BWCAFE」が、本日30日と31日、新宿サザンテラス内にキッチンカーにて、フォークで食べることができる創作蕎麦「SOUP SOBA」を販売する。

 メニューはBWCAFEの人気のメニューから3種類登場。たっぷりの野菜を使用しじっくり煮込んだ和風仕立てのクラムチャウダースープで蕎麦を味わう「じっくり煮込んだきのこのクラムチャウダースープ蕎麦」、濃厚な胡麻の風味がクセになる本格坦々スープを、豆乳を使用しヘルシー&マイルドに仕上げた「ピリ辛!豆乳坦々スープ蕎麦」、身体の芯からあたたまる生姜たっぷり塩ベースの薬膳スープ「生姜たっぷり薬膳スープ蕎麦」。
 使用する蕎麦の量は通常の半玉分。缶コーヒーやおしるこを自動販売機で買って温まるような手軽な感覚で食べることができるのもうれしい。気軽に年越しそばを味わいたい人も、新感覚のそばを楽しみたい人も、ぜひ立ち寄ってみては。
「SOUP SOBA」キッチンカー
【販売期間】2018年12月25日、30日、31日の3日間限定
【営業時間】11~19時(※食材が無くなり次第終了)
【場所】新宿サザンテラス広場 フランフラン」前
【URL】https://www.southernterrace.jp/
【インタビュー】多国籍都市「新大久保」に生きる人々を追った『ルポ新大久保』著者・室橋裕和さん 
チームラボがサウナとアート「チームラボリコネクト」が 六本木に3月オープン
下駄箱から煮干しまで!?「ブラックサンダー」が提案する「それもありでしょ?バレンタイン」
多国籍タウン・新大久保在住作家と歩くパワースポット「東京媽祖廟」とは?
『るろうに剣心展』開幕!描き下ろし新作ネーム、逆刃刀の展示も
124年ぶりの2月2日の節分に! くら寿司から「アマビエさん巻」登場