【冬の鍋特集】この冬のトレンドは“痺れ”“スパイス”“伸びるチーズ”がキーワード

 寒くなったら恋しいのが鍋。鍋は温まるだけではなく、野菜もたっぷり摂れてヘルシーなイメージが浸透。そして、スープさえつくれば、具材を入れるだけという手軽さで、冬の定番人気メニューだ。この冬はどんな鍋がトレンドなのか? 今年流行の鍋が食べられるサイトや店を紹介する。

進化系エスニック火鍋が食べ放題



 atari CAFE&DINING 池袋PARCO店(東京・池袋)は、2月28日までの期間限定で「痺れる辛さ!!!!!2種の薬膳スープの特製火鍋」を提供中。しかも、トレンドの花椒が入った痺れる辛さがクセになるエスニックな火鍋に入れる食材はすべて食べ放題で2500円(1人前、税込)と破格のお値段。飲み放題をつけても3500円(1人前、税込)という驚きの値段だ。

 赤いスープは花椒入りの麻辣スープで痺れる辛さ、そして白いスープはココナッツ風味の薬膳スープでまろやかな味わいが特徴。

 食材は野菜や豆腐に加えて、豚肉や鶏肉、水餃子など満足度の高い物から、〆のごはんや中華麺まですべてが対象。中でも「ケール」「スイスチャード」「ZENパスタ」など鍋の具材としてイメージがない食材も食べ放題になっているのがうれしい。健康的に美しくなりたい女性注目の薬膳と、トレンドの痺れが一度に楽しめる、まさに“おいしい”お店。


「沢の鶴」と「TRINUS」が新コンセプトの日本酒を共同開発!
大人が集う美食の街・恵比寿で中華を堪能 恵比寿中華 泰山(恵比寿)
国産黒毛和牛×旬の海鮮! 『焼肉うしごろ』が贅を尽くした限定メニュー
キットカットに新フレーバーが登場!濃厚ジャージー乳を使ったヨーグルト酒
虎ノ門・新橋エリアにプロが1杯ずつ淹れる日本茶専門カフェ「チャヤ 1899 東京」誕生!
【下町エリア篇】内幸町に九州&下町横丁がオープン!話題の「日ゞ小路」に行ってみた