渡辺華奈が杉山しずかを秒殺KOで返り討ち【12・31 RIZIN】

渡辺(左)のカウンターの右ストレートが炸裂
昨年に続き2連勝

「RIZIN 平成最後のやれんのか!」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われた渡辺華奈vs杉山しずかの女子中量級のトップ同士の対戦は1R11秒、KOで渡辺が勝利を収めた。

 この2人は昨年12月29日にRIZINで対戦し渡辺が判定勝利を収めており、杉山にとってはリベンジを期しての試合だったが、渡辺が返り討ちにした。

 ゴングが鳴るとパンチを放ちながら前に出る杉山。コーナーに詰めなおもパンチを放つが渡辺も打ち返す。ここで渡辺の右ストレートが杉山の顔面にクリーンヒット。杉山がすとんと腰を落としダウン。レフェリーが慌ててストップした。杉山はダウンの衝撃で我に返り、状況を飲み込めない表情を見せた。
杉山しずか
杉山「あれが私の、RIZINなんだな」

 杉山は試合後の会見で「終わってすぐのことはちょっと取り乱してしまいましたが、今は意外と落ち着いている。そうか…そうだよね…っていう、なんか、“あれが私の、RIZINなんだな”っていう感じです」と静かに語った。

 渡辺に関しては「すごい前回は大きく見えたけど今回は小さく見えて、“こんなんだったけ?” “これくらいの大きさだったっけ?”という感じで、全然いけると思いました」と話した。

 そして「ショックが大きいので少し時間は必要。すぐにこの試合にというふうには今は口には出せないですけど、また、頑張って、戻ってくるように頑張ります」と話した。
渡辺華奈
渡辺「RIZINでフライ級トーナメントがあるなら出たい」

 渡辺は「今日は、ちゃんとしっかりフィニッシュして勝つことができてうれしい。今までやってきた練習通りのパンチだったので、無意識にやってきたことができた」と試合を振り返った。杉山については「オーラというか、があって、強い選手だなと対峙してみて余計に改めて認識した」と話した。

 今後については「RIZINでフライ級トーナメントやっていただけるなら、出場してチャンピオンを目指したい」と話した。
「RIZIN 平成最後のやれんのか」(12月31日午前9時開始、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
◆第7試合 メインイベント RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/70.0kg
●川尻達也(T-BLOOD)(判定1-2)北岡悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜)

◆第6試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/68.0kg
●リオン武(ライジングサン)(2R2分39秒、TKO)朝倉未来(トライフォース赤坂)〇

◆第5試合 RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/57.5kg
〇渡辺華奈(Fighter's Flow)(1R11秒、KO)杉山しずか(リバーサルジム新宿Me,We)●

◆第4試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/61.0kg
●ムン・ジェフン(韓国/OCTAGONジム)(判定0-3)朝倉海(トライフォース赤坂)〇

◆第3試合 RIZINキックボクシングルール:3分3R/64.0kg
〇白鳥大珠(TEAM TEPPEN)(3R1分45秒、TKO)ウザ強ヨシヤ(テッサイジム/team REBELS)●

◆第2試合 RIZINキックボクシングルール:3分3R/92.0kg
〇内田雄大(Team Aerts)(判定3-0=30-27×3)小西拓槙(クロスポイント吉祥寺)●

◆第1試合 RIZINチャレンジルール:5分2R/49.25kg
〇あい(KRAZY BEE)(1R3分1秒、TKO)川村虹花(仮面女子)●