宮田和幸が引退試合でアーセンに一本勝ち【12・31 RIZIN.14】

ここから宮田は体勢を入れ替えさらに絞り上げタップアウト勝ち
ゴングと同時に両者が飛びヒザ
「RIZIN.14」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で行われた「宮田和幸引退試合&山本“KID”徳郁メモリアルマッチ」で宮田和幸と山本アーセンが対戦。宮田が2R3分23秒、アームロックで勝利を収めた。

 宮田はかつてアーセンの叔父である山本“KID”徳郁選手と対戦し、ゴング直後の飛びヒザで4秒KO負けを喫するという過去がある。今回はゴングと同時に両者が飛びヒザを仕掛け、ここからスタートした。アーセンは着地後、組み付くと投げてテイクダウン。上のポジションを取るが宮田は下からの三角絞めを狙う。アーセンは持ち上げて投げ捨て脱出を図るが、宮田は三角絞めは外れても逃さず、続けて三角絞めを狙う。再度、持ち上げ投げ捨てるアーセン。そして上のポジションをキープするが、宮田は下から左腕を取り、アームロックで体勢を入れ替え、ストレートアームバーを狙うが、アーセンは腕を足でフックしてしのぐ。

 2Rはアーセンがパンチでテイクダウンを奪うが、宮田は下からアーセンをコントロール。脱出を図るアーセンだが宮田は下からアーセンの右腕を絞り上げアームロックにとらえ、そのまま裏返し上の体勢になり、なおも締め上げるとアーセンはたまらずタップした。
引退試合で完勝の宮田
KID戦の敗戦「見返してやりたい」と思って長く続けてこられた

 宮田は試合後の会見で「途中の展開は夢中になっていてあまり覚えてないんですけど、1Rは取られていると思っていた」と振り返った。

 アーセンについては「レスリング的な力がすごくあるので、普通の柔術形の技は全部持ち上げられちゃう。これから時間はかかると思うんですけど、すごくポテンシャルのある選手だと思いました」と話した。

 今回は下からアーセンをコントロールしたうえでの関節技での勝利。まだまだやれるところを見せたのだが「総合格闘家としてやっと楽しくなって来たくらいで辞めることになるのはもったいないですが、これからものすごく強くなることもない。レスリングもそうですが、格闘技においては日本は少し低迷期ですが、レスリングは僕がやっていた時代よりレベルが上がり、女子は世界一。格闘技もレスリングベースの子がいっぱいいるので、その子たちを総合格闘技をやれる環境においたら力が出せると思うので、そっちをやっていきたい」と後進の育成に意欲を見せた。

 14年の総合格闘家人生については「オリンピック選手から転向する人ってみんなほとんど2〜3年やってやめてしまうと思う。僕も長くやれるかわからなかったですけど、KID選手と試合してああいう形になって、世間に弱いところ見せちゃったんで、“見返してやりたい”と思って、長く続けてこられたのだと思います」と話し、似たような境遇にあるアーセンに対して「アーセン選手も間違いなく強くなると思うので、いいところだけを見ずに、続けてもらいたい。勝っても負けてもそう言いたいと思っていました」とレスリングの、そして総合格闘技の先輩としての言葉を送った。
会見する山本アーセン
アーセン「メモリアルっていうのは考えてなかった」

 一方のアーセンは「試合は思った以上に…こんなこと言っちゃいけないかもしれないけど、勝てるなって確信していたっていうか、3Rで決められるかなと頭の中で思っていたのですが、ちょっとしたミスからあんな技につながったので悔しい。疲れてないし、どこも痛くないし、試合やった気になっていない。ただ負けたっていうことが頭の中ですげーぐるぐるぐるぐる回ってる感じ」と話した。

 宮田については「力も強くて寝技も頭がキレてたと思います。すごい偉大な選手。引退試合に自分選んでもらったことすごい感謝に思っています」と話した。

 メモリアルマッチということについては「自分の中でメモリアルマッチって1回も考えたことがない。この練習期間も、今日も。ノリさんのためにやったっていうのももちろんあるけど、やるのは自分で、勝つのも自分、負けるのも自分なんで、メモリアルっていうのは考えてなかった」と話した。
「RIZIN.14」(12月31日15時開始、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)

◆第14試合「スペシャルエキシビション」66.7kg 3分3R
〇フロイド・メイウェザー・Jr(米国)(1R2分19秒、TKO)那須川天心(TARGET/Cygames)●

◆第13試合「RIZINバンタム級タイトルマッチ」RIZIN MMAルール:5分3R/61.0kg
〇堀口恭司(アメリカン・トップチーム)vsダリオン・コールドウェル(米国/ALLIANCE MMAA)●

◆第12試合「RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ」RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/49.0kg
●浅倉カンナ(パラエストラ松戸)vs浜崎朱加(AACC)〇

◆第11試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):1R10分・2R5分/93.0kg 
〇イリー・プロハースカ(チェコ/Jetsaam Gym Brno)vsブランドン・ホールジー(米国/HB Ultimate)●

◆第10試合 RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/102.5kg
〇ギャビ・ガルシア(ブラジル/Aliance jiu jitsu/Team Gabi Garcia)vsバーバラ・ネポムセーノ(ブラジル/Team Big G)●

◆第9試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/70.0kg
●ダロン・クルックシャンク(米国/Michigan Top Team)vsダミアン・ブラウン(オーストラリア/INTEGRATED MMA)〇

◆第8試合 RIZIN 女子MMAルール:5分3R/51.0kg
●長野美香(CORE王子豊島)vs山本美憂(KRAZY BEE/SPIKE 22)〇

◆第7試合「宮田和幸引退試合&山本“KID”徳郁メモリアルマッチ」RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/65.0kg
〇宮田和幸(BRAVE)vs山本アーセン(KRAZY BEE/SPIKE22)●

◆第6試合 RIZIN MMAルール:5分3R/70.0kg
●矢地祐介(KRAZY BEE)vsジョニー・ケース(米国/MMA LAB)〇

◆第5試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/60.0kg
〇元谷友貴(フリー)vsジャスティン・スコッギンス(米国/REVOLUTION MIXED MARTIAL ARTS)●

◆第4試合 RIZIN MMAルール(ヒジあり):5分3R/59.0kg
〇佐々木憂流迦(Serra Longo Fight Team)vsマネル・ケイプ(アンゴラ/AKA Thailand)●

◆第3試合 RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/57.0kg
●真珠・野沢オークレア(米国/フリー)vsヤスティナ・ハバ(ポーランド/Gracie Barra Rzeszow)〇

◆第2試合 RIZIN MMAルール:5分3R/70.0kg
●大尊伸光(総合格闘技津田沼道場)vsトフィック・ムサエフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)〇

◆第1試合 RIZIN 女子MMAルール(ヒジあり):5分3R/49.0kg
RENA(シーザージム)(中止)サマンサ・ジャン・フランソワ(フランス/SAUSSET FIGHT TEAM)