ONE世界ストロー級王者となった猿田洋祐が修斗に凱旋

2018年の修斗MVPに輝いた猿田(右)(撮影・三村諒)
修斗年間表彰でMVPを獲得

 修斗世界ストロー級王者で1月19日に行われたONE Championship「ONE: ETERNAL GLORY」でONE世界ストロー級王者となった猿田洋祐がプロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 開幕戦」(1月27日、東京・後楽園ホール)に凱旋した。

 猿田はケージに上がると「みなさんの応援のおかげで勝つことができました。応援ありがとうございます。修斗30周年といういいタイミングでチャンピオンになれてよかった。(修斗と)ONEとの提携も発表されて、選手のモチベーションも上がると思うし、これから格闘技を始める人はぜひ修斗を目指してほしい。プロの選手は修斗の世界のベルトを目標に頑張ればさらに活躍できる舞台がある。まずは日本の修斗が盛り上がってほしいので、みなさん、盛り上げてください」などと挨拶した。

 そして2018年の修斗年間表彰でMVPに猿田が選ばれたことが発表されると「すごくうれしい。いろんなことが重なって、うまくいきすぎてこの後が怖い。修斗のMVPは、本当に価値があるのでうれしい。これからも修斗を盛り上げたいと思います」と改めて話した。

 その他の年間表彰は年間を通して最も印象的な、また年間を通して最も成長した選手に贈られるMIPに「インフィニティリーグ2018」を制した小巻洋平、ベストバウト(年間最高試合)には「内藤頌貴vs小堀貴広」(12月15日、新宿FACE)が選ばれた。
3月31日のONE両国大会に出場する青木 (撮影・三村諒)
3・31ONE両国大会出場の青木真也「青木真也の存在をかけた戦いを見せます」

 この日の休憩明けには先日、修斗との提携が発表されたONE Championshipに参戦中の青木真也が呼び込まれ「3月31日、ONE Championship初の日本大会を両国国技館で開催します。日本格闘技、RIZINもDEEPも修斗も一丸となって、みんなで作っていきたいと思っております。何卒よろしくお願いいたします。僕が見せたいのは、競技でもなく、アスリートでもなく、レスラーでもなく自分の存在をかけた戦い。青木真也の存在をかけた戦いを3月31日に見せますので、応援よろしくお願いします」と挨拶した。

 青木は3月のONE両国大会でエドゥアルド・フォラヤンの持つONE世界ライト級王座に挑戦する。