中邑真輔のロイヤルランブル戦2連覇はならず【1・27 WWE】

ロイヤルランブル戦を制したロリンズ(©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
セス・ロリンズが勝ち残る

 WWE「ロイヤルランブル」(現地時間1月27日、アリゾナ州フェニックス/チェイス・フィールド)で行われた「男子30人ロイヤルランブル戦」でセス・ロリンズが勝ち残った。

 90秒ごとに1人ずつリングインするこの試合。この日、US王座奪還を果たした中邑真輔が3番目に登場。イライアスにライダーキックを食らわすと、4番目に登場したカート・アングルを脱落させたが、ムスタファ・アリのドロップキックを食らって脱落した。

 昨年、日本人で初めてロイヤルランブルを制した中邑だったが、さすがに2年連続の快挙はならなかった。

 その後、セス・ロリンズ、ディーン・アンブローズ、ブラウン・ストローマン、ランディー・オートンと次々にスーパースターが登場するも、30番目に登場したRトゥルースが突如ナイア・ジャックスに襲撃されて強引に交代。
強引に参加したナイアは男子顔負けのパワーを発揮(©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
女子のナイア・ジャックスが男子ロイヤルランブル戦にも飛び入り参戦

 女子だけでなく男子のロイヤルランブル戦にも飛び入り参戦したナイアはムスタファ・アリをヘッドバッドで沈めて脱落させる大活躍。しかし、ジグラーのスーパーキック、ミステリオの619、オートンのRKOと立て続けに大技を食らい堪らず脱落した。

 試合終盤、勝負の行方はストローマンとロリンズの2人に絞られる。エプロンの攻防でロリンズがストローマンをポストに打ち付け、足を付いたストローマンにとどめのカーブ・ストンプを叩き込んで勝負あり。ロリンズが勝ち残り、「レッスルマニア35」(4月7日、ニュージャージー州イーストラザフォード/メットライフ・スタジアム)での王座挑戦権を獲得した。