ベッキー・リンチが「レッスルマニア35」でロンダへの挑戦表明【1・28 WWE】

にらみあうロンダ(右)とベッキー(©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.)
女子ロイヤルランブル戦を制したベッキー「お前が“一番強い女”じゃないことを証明してやる」

 WWE「ロウ」(米国現地時間1月28日、アリゾナ州フェニックス/トーキング・スティック・リゾート・アリーナ)で、前日に行われた「ロイヤルランブル」の女子ロイヤルランブル戦を制した“ザ・マン”ベッキー・リンチが「レッスルマニア35」(4月7日、ニュージャージー州イーストラザフォード/メットライフ・スタジアム)でロンダ・ラウジーの持つロウ女子王座に挑戦することを表明した。

 まずはロンダがリングに登場。前日の王座戦で手負いの状態にも関わらずオープンチャレンジを実施すると、実力者ベイリーの挑戦を受ける。ロンダはベイリーのニー・バーやバンク・ステイトメントで追いつめられたものの、辛うじて逃れると電光石火のアームバーでベイリーからタップを奪って王座防衛に成功した。

 試合が終わるとベッキーがまさかの登場。負傷した足を引きずりながらロンダと対峙したベッキーは「お前が“一番強い女”じゃないことを証明してやる。俺はお前との対戦を選ぶ」と「レッスルマニア35」でのロウ女子王座挑戦を表明すると会場は大イエスコールに包まれる。するとロンダも「足はどうした? ベストな状態のベッキーを叩き潰す」とベッキーを鬼の形相で睨みつけて大一番へ闘志をむき出しにした。