Jリーグ新シーズン・川崎フロンターレ【アフロスポーツ プロの瞬撮】

 スポーツ専門フォトグラファーチーム『アフロスポーツ』のプロカメラマンが撮影した一瞬の世界を、本人が解説、紹介するコラム「アフロスポーツの『フォトインパクト』」。他では見られないスポーツの一面をお届けします。
撮影/文章:田村翔(2017年7月29日 Jリーグ 川崎フロンターレ 小林悠)
まもなく開幕を迎えるJリーグの2019年シーズン。
昨年連覇を果たした川﨑フロンターレは、3連覇なるか。

【カメラマンプロフィル】
撮影:田村翔
1990年生まれ。
モータースポーツの撮影を16歳から始め、大学卒業と同時に2013年よりアフロスポーツ所属。
学生時代よりSUPER GT、SUPER Formula、F1を始めとしたモータースポーツを取材。
アフロスポーツ所属後はモータースポーツと国内外のスポーツ競技の撮影を行う。
光と影を生かし、アスリートやレーシングカーの「美」を表現し、報道的かつ芸術性を追及した写真表現を目指している。
日本レース写真家協会(JRPA)会員
https://www.shotamura.com/
アフロスポーツ

1997年、現代表フォトグラファーである青木紘二のもと「クリエイティブなフォトグラファーチーム」をコンセプトに結成。1998年長野オリンピックでは大会組織委員会のオフィシャルフォトチーム、以降もJOC公式記録の撮影を担当。
各ジャンルに特化した個性的なスポーツフォトグラファーが在籍し、国内外、数々の競技を撮影。放送局や出版社・WEBなど多くの報道媒体にクオリティの高い写真を提供し、スポーツ報道、写真文化の発展に貢献している。

■アフロスポーツHP
https://sport.aflo.com
https://www.aflo.com
■Facebook
https://www.facebook.com/aflosport
■Instagram
https://www.instagram.com/aflosport
■Twitter
https://twitter.com/aflosport

女子ラグビー鈴木実沙紀「2020年は女子ラグビーにとって大きな一年」
シェルバコワの情熱【アフロスポーツ プロの瞬撮】
髙田延彦「ケイプ戦は海にとってそんなにイージーな試合じゃない」【12・31 RIZIN】
髙田延彦が「朝倉海vs那須川天心」実現に大きなハードルを指摘
バティスタとnWoが2020年WWE殿堂入り【WWE】
戸澤がブラックに敗れ、この日もロウ初勝利に届かず【12・9 WWE】