常備しておきたい非常食を大手町で無料サンプリング/2月21日の東京イベント

JAが開発した非常食「農協の飲めるごはん」試飲イベント
 JAが開発した、おいしい非常食「農協の飲めるごはん」の試飲会・無料サンプリングが本日21日、大手町JAビル内の農業・農村ギャラリー「ミノーレ」にて行われる。

「農協の飲めるごはん」は、近年多発している自然災害などに備えてJA北大阪が開発した、備蓄用の非常食。アレルゲン27品目は使用せず、米、小豆、ハトムギの3種類の穀物を主な原料とする商品。フレーバーは、ココア風味、梅・こんぶ風味、シナモン風味の3種類。

 当日は試飲ができる他、無料でサンプルも配布。また、JA北大阪の職員も駆けつけ、6個1セットでの販売も行う。

 日ごろから備えておきたい非常食。この機会に試飲して常備食に取り入れてみては。


JAまるしぇ〜非常食に!「農協の飲めるごはん」
【日時】2月21日(木)11〜13時
【場所】千代田区大手町1ー3ー1 JAビル4階 ミノーレ
Uber Taxi、都内でのサービスをスタート
「アベノマスクはココが惜しい」「広告代理店は必要か」スペシャリストが“コロナと広告”熱烈トーク
東京タワーで縁日テラスが期間限定オープン!ハイボールと夜景で夏気分♫
意外かも? 世界初の“仮面ライダー”オフィシャルショップが東京駅一番街にオープン
「BEYOND コロナ」のエンターテインメントに求められるパラダイムシフトとは
夏の果物の王様、メロンのフルコースが銀座で登場!