武尊「気持ちの強さは絶対に負けない。気持ちの強いほうが勝つ」【3・10 K-1】

会見に臨む武尊(左)とヨーキッサダー
ヨーキッサダー「私は今までKOされたことはない。私のほうが強い」

「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)の前日計量と会見が3月9日、東京都内で開催された。

 会見ではメーンで対戦する武尊とヨーキッサダー・ユッタチョンブリーが静かに火花を散らした。

 この一戦は「日本vs世界・7対7」の最終戦であり、ヨーキッサダーは現役のラジャダムナンスタジアムのフェザー級王者とあって、「K-1vsムエタイ」をはじめさまざまな対立構造を含んだ試合となる。

 ヨーキッサダーが「ムエタイには長い歴史がある。私はいろいろな強い選手と戦ってきたが、今までKOされたことはない。私のほうが強い。私はムエタイ代表として参戦している。私はラジャのチャンピオンで武尊選手はK-1のチャンピオン。チャンピオン同士の試合なので必ず楽しくなると思う」などと話せば、武尊は「戦ってみないとどちらが攻撃力が上だとかは分からないこと。僕は世界中のどのファイターにも気持ちの強さは絶対に負けない。格闘技の強さは技術、スピード、パワーは大事だが、一番大事なのは気持ち。気持ちの強いほうが勝つ」としたうえで「明日の試合は僕個人の試合ではなく、日本vsタイ、日本vs世界、K-1vsムエタイといったジャンルや国を背負った戦いとなる。僕が勝つことは“K-1最高”を証明することにもつながる。そもそもK-1は世界最高の立ち技を決めるために立ち上がった大会。そういう大会にするにはK-1のチャンピオンが世界最強じゃなきゃいけないと思っているので、明日はそれを証明する試合になると思う」などと話した。
対戦する皇治(左)とサイコ
皇治とサイコも静かにバチバチ

 武尊は同じく日本vs世界に出場する皇治のコメントに時折、笑顔を浮かべることはあったが、終始厳しい表情で会見に臨んだ。

 その皇治も対戦相手のヤン・サイコに亀田史郎氏のサイン入りのオリジナルTシャツを贈った時は会見の空気が一瞬緩んだものの、皇治が「俺は大宮司さんと約束しているから。隣の奴(武尊)の顔をぶっ飛ばすまでやらないかんから、よう分からんそこのティーチャー(サイコ)は全然相手にしていない」と言えば、サイコは「彼は話しすぎ。何を言っているか分からない。明日はしっかりレッスンをする。レッスンの内容は自分がどれくらいのレベルか分からせるため。自分は日本語は分からないが、皇治選手が自分の言っていることが分かれば幸い」と返すなど、こちらも静かに闘志をぶつけ合った。
「日本vs世界・7対7」に出場する選手たち
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K'FESTA.2~」(3月10日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ)

◆プレリミナリーファイト第1試合/-53kg契約/3分3R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)璃明武 VS 吏羅(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
(日本/エスジム)森坂陸 VS 黒田勇斗(日本/隆拳塾)

◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R
(日本/TEAM K)友尊 VS 川口拓真(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

◆プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・ライト級/3分3R
(日本/ポゴナ・クラブジム)FUMIYA VS 中野滉太(日本/POWER OF DREAM)

〈開会式〉

◆第1試合/スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)小澤海斗 VS 覇家斗(日本/K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)

◆第2試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/大成会館)近藤魁成 VS 瑠久(日本/K-1 GYM横浜infinity)

◆第3試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)ゴンナパー・ウィラサクレック VS リュウ・ウェイ(中国/深圳争途格闘クラブ/CFP)

◆第4試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
(日本/TANG TANG FIGHT CLUB)大沢文也 VS 篠原悠人(日本/DURGA)

◆第5試合/K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/イラン/WSRフェアテックス・イラン)シナ・カリミアン VS 加藤久輝(挑戦者/日本/ALIVE)

◆第6試合/K-1 WORLD GPライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)卜部功也 VS 林健太(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/FSG)

〈休憩〉

◆第7試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)金子晃大 VS 玖村修平(日本/K-1ジム五反田チームキングス)

◆第8試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム北斗会館)小宮山工介 VS 郷州征宜(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)

◆第9試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)左右田泰臣 VS 松花征也(日本/リバーサルジム横浜グランドスラム)

◆第10試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)佐々木大蔵 VS 安保瑠輝也(日本/team ALL-WIN)

◆第11試合/K-1 WORLD GPフェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/湘南格闘クラブ)村越優汰 VS 卜部弘嵩(挑戦者/日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)

◆第12試合/【DIVINER Presents】 K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/K-1ジム五反田チームキングス)久保優太 VS 城戸康裕(挑戦者/日本/谷山ジム)

〈休憩〉

◆第13試合/日本vs世界・7対7/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(日本/POWER OF DREAM)武居由樹 VS アレックス・リーバス(スペイン/Team Jesus Cabello)

◆第14試合/日本vs世界・7対7/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)野杁正明 VS ジョーダン・ピケオー(オランダ/Mike's Gym)

◆第15試合/【株式会社 武州鳶 Presents】日本vs世界・7対7/K-1フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)芦澤竜誠 VS ホルヘ・バレラ(スペイン/Team Jesus Cabello)

◆第16試合/日本vs世界・7対7/K-1女子-51kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA VS ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン/Allstars training center)

◆第17試合/日本vs世界・7対7/-68kg契約/3分3R・延長1R
(日本/月心会チーム侍)和島大海 VS 木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)

◆第18試合/日本vs世界・7対7/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/TEAM ONE)皇治 VS ヤン・サイコ(ドイツ/Kickboxtempel)

◆第19試合/日本vs世界・7対7/-59kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)武尊 VS ヨーキッサダー・ユッタチョンブリー(タイ/ユッタチョンブリージム)

〈閉会式〉