平成最後の日!ありがとうの気持ちで見送ろう/4月30日(火)の東京イベント

東京のお出かけスポット“改元企画”ピックアップ
和光のショーウインドウ(4月1日に新元号が発表されたときの特別ディスプレイの様子)
 今日で平成31年が終わり、明日からは新元号「令和」に! 東京のお出かけスポットでも、改元を祝うさまざまな催しを開催。
 銀座を象徴する和光の時計塔では、午前0時に令和の時代の幕開けを祝う鐘を鳴らし、合わせて和光のショーウインドウを特別にオープン。新しいディスプレイをお披露目する。銀座・和光の時計塔がライトアップされ、午前0時を迎える45秒前からウエストミンスター式チャイムが令和のプロローグを奏で始める。そしてチャイムが鳴り終わると、12打の鐘の音が、午前0時を告げる。その第1打の瞬間が、令和の時代の幕開けとなる。鐘の音と合わせて披露される新ディスプレイでは、書道家・石飛博光氏による「令和の書」の原書を掲出。「季」をテーマに、新しい時代への期待感とともに、季節の移り変わりに美を見いだす日本文化への愛着を二十四節気の花で表現する。新元号ディスプレイは 1日から6日までの6日間、限定展示。当日は歩道側から自由に撮影できるので、記念に撮影してみては。


1 2 3 4 5>>>
天然のピンク色がかわいすぎる…ルビーチョコを堪能するならホテルのアフタヌーンティーが正解!
薄紙から畳のへりまで5万点以上!日本最大級の文具イベント「文具女子博 2020」
日本初!デリバリー&テイクアウトの食フェス「発見!ふくしまお魚まつり」スタート
新しい生活様式のもと、ちゃんと楽しむクリスマス「コロナに負けない!東京X’mas2020」
40周年「ルービックキューブ」が隈研吾らアーティストとコラボ!家具や料理、折り紙作品も
デリバリー&テイクアウトで福島の海の幸を堪能!「発見!ふくしまお魚まつり」