「日本の九龍城」終焉――ウェアハウス川崎店が閉店ヘ

 香港は九龍に、今は無き伝説のスラム街があった。その名も「九龍城塞」、香港へ流れ着いた移民たちが築き上げたスラム城塞だ。

廃墟好きやさまざまな写真家たちも魅せられたそのスラムは今はもう香港には存在せず、その跡地付近では現在、日々デモ活動が行われている。

そんな九龍城を模して作られたアミューズメントパークが神奈川県・川崎市に存在する。それが「ウェアハウス川崎店」、だった。

 しかし、ウェアハウス川崎店は突然、閉店の知らせをSNSに投下した。日本で九龍城を拝めるのは11月17日までだ。これは、駆け込みで行ってみるしかない。
1 2>>>
【インタビュー】多国籍都市「新大久保」に生きる人々を追った『ルポ新大久保』著者・室橋裕和さん 
チームラボがサウナとアート「チームラボリコネクト」が 六本木に3月オープン
下駄箱から煮干しまで!?「ブラックサンダー」が提案する「それもありでしょ?バレンタイン」
多国籍タウン・新大久保在住作家と歩くパワースポット「東京媽祖廟」とは?
『るろうに剣心展』開幕!描き下ろし新作ネーム、逆刃刀の展示も
124年ぶりの2月2日の節分に! くら寿司から「アマビエさん巻」登場