新時代に求められる概念。分断をまたぐ「ピースコミュニケーション」を広めよう

【東京2020公認プログラム BEYOND 2020 NEXT FORUM Vol.4開催】
BEYOND 2020 NEXT FORUMに登壇した堀潤、永井美奈子、山川恭弘、鈴木寛、EXILE ÜSA、中山泰秀、一木広治、朝日透(写真左から。敬称略 撮影・堀田真央人)
「2020年以降の日本の活性化」をテーマに世代や業界を越えて有識者らが集う、東京2020公認プログラム『BEYOND 2020 NEXT Forum -日本を元気に! JAPAN MOVE UP!-』プロジェクトの第4回フォーラムが27日、都内にて開催され、国連世界食糧計画(WFP)のサポーターとして活動するEXILE ÜSAや、ジャーナリスト堀潤、衆議院議員の中山泰秀らが登壇。世界で広がる分断に立ち向かう概念「ピースコミュニケーション」について語り合った。

 4回目のテーマは「グローバル時代の人づくり」。第1部は「ピースコミュニケーション -分断をまたぐ架け橋-」と題し、さまざまな“分断”や“つながり”と向き合っている3人が登壇。株式会社dancearth代表取締役CEOを務めるEXILE ÜSA、衆議院議員・中山泰秀氏、国際連合日本政府代表部大使次席常駐代表・星野俊也氏、株式会社ヘッドライン代表取締役社長、早稲田大学研究院客員教授の一木広治氏。ファシリテーターは堀潤。
1 2 3 4>>>
パラリンピックの開会式・閉会式に出ませんか?3つのキャストで募集スタート!
新橋・有楽町エリアの新スポット「URACORI」グランドオープン!
米で香港人権法成立。中国は報復【NEWS HEADLINE】
全国の中小企業組合が有楽町に大集結! 組合まつりが18日から 
中曽根康弘元首相が死去。101歳
雨のパレード第二章“BORDERLESS”ツアー開催