工藤監督が子供たちにメッセージ「見て真似をして、そして練習するしかない」

ソフトバットを使った独自のトレーニング方法で子供たちを指導する工藤監督

今年で26年目の「チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2019」


 3年連続日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督らが先生を務める野球教室「チャリティ・キッズ・ベースボールスクール2019」(主催:二十一世紀倶楽部、夢の課外授業実行委員会)が12月1日、東京・神宮室内野球練習場で開催された。

 この野球教室は21世紀における人材創りを目的に1987年に設立された団体「二十一世紀倶楽部」の会員である工藤監督の「野球を通じ次世代を担う子どもたちの人材育成になれば」という思いから始まったもの。

 監督が現役であった1994年にスタートし、今年で26年目を迎える「ライフワーク」と言っても過言ではないものだ。

 工藤監督は練習に先駆け「毎年、この日を楽しみにしています。ここで育った子供たちで高校野球や大学野球で頑張っている人たちもたくさんいる。みんなも夢を持って頑張ってほしい。プロ野球選手になりたい人、野球が大好きで続けたい人などたくさんいると思う。一つでも吸収して、1日でも早く上手になって、夢を持って頑張ってください」と挨拶した。
1 2>>>
トライアスリート・上田藍の笑顔と気配り 【アフロスポーツ プロの瞬撮】
RIZINが8月に2大会を開催。榊原CEO「無観客でもやる」
下北沢の本多劇場グループが再開第二弾企画『DISTANCE-TOUR-』開催
もうひとつのプロ野球「eBASEBALL プロリーグ」が今年も開催
アスカがベイリーとの“女子王者対決”でピンフォール勝ち【WWE】
ミステリオがロリンズと遺恨決着戦「お前の目玉を素手でくり抜いてやる」【WWE】