与田祐希がセカンド写真集 初のランジェリーショットは「普段の家での感じでリラックス」

与田のお気に入りのページ(©︎光文社 撮影・菊地泰久)

「自然体のままで、出る限りの色気が出るように頑張りました」


 撮影中も「普段、日本では自分から話しかけるようなことは全然できないんですけど、イタリアだからこそなのか、開放的な気分になって街の人に声をかけたくなってしまって、電車の中とか街の中で、たくさんの方と交流をしてきました。そんなところも載っているのでぜひ見てください」と普段は見られない与田の表情も多く見られそう。

 お気に入りのカットとしては「全部お気に入りなので、ひとつを選ぶのが難しかった」と言いながらも、「大聖堂に行ったら風船がたくさんあって、そのハート型の風船にキスをしたらすごくきれいにリップのマークがついたので、いいなと思った」と風船にキスをしている写真を挙げた。

 ファンも気になるランジェリーショットについては「撮る前と撮った後に見ていて“おおっ”てなりましたけど、撮っている時はそんなに緊張はしませんでした。普段の家での感じでリラックスしていました」という。

 そして「大人の色気」を出すために意識したことなどを聞かれると「あまり頑張りすぎないことですかね。今までも“色気はあるとよ”と言ってみたり、出そうと必死になっていたんですけど、今回の写真集は自然体のままで、出る限りの色気が出るように頑張りました(笑)」と話した。