女性27歳「関係が近い距離の人と最終的に関係性がこじれてしまいます」【黒田勇樹のHP人生相談 118人目】

 こんにちは、黒田勇樹です。

 昨日(24日)から三栄町LIVE×黒田勇樹プロデュース Vol.8「世界は、猫と花と鳥と、蛇のもの」の上演が始まりました。

 出来る限りの新型コロナウイルス対策を施して、皆様の来場をお待ちしておりますので、皆様にも万全の対策をされたうえでお越しいただけると幸いです。

「来て良かった」と言っていただけるような作品に仕上がったと思っておりますので、こんなご時世ですが、ぜひ!

 今回は人生相談です。相談も随時受付中です。

 では始めましょう。

くるみ(女性27歳)のお悩み
相手に対する執着が大きすぎるのが原因なのではないかという結論に辿り着きました


 黒田さん、はじめまして。

 27歳女性で、くるみと言います。

 人間関係について相談させて頂きたいです。

 私は自分で言うのもなんですが、元々社交的な性格で、人と関係性を築くのは得意なタイプです。男女問わず、幅広い年代の人と仲良くなりやすく、知り合い、飲み友達、同期、友達、親友が割と多くいます。

 でも、悩みがあります。それは、関係が近い距離の人であればあるほど最終的に関係性がこじれてしまうことが多いということです。

 ごじれてしまうパターンには、私から距離をとるのと相手からとられるの2パターンあります。

 ずっと引っかかってるのは相手から距離をとられたパターンで、その相手は8年来の親友で、大学1年の頃に知り合いずっと仲が良かった女の子です。大学の頃偶然同じマンションで一人暮らしをしていたので、かなり長く濃い時間を共にしてました。
私には親友が複数いますが、一番大切で一番好きなのはその子でした。

 その子は、寂しがりやで常に人と一緒に過ごしたいという私と正反対のタイプで、あまり社交的なタイプではないというか、自分を確立してて孤独を好むような感じでした。

 それでも私が大学当時彼女をすごく気に入って同じ住まいというきっかけを使ってグイグイ距離を詰めていき、最終的に彼女も心を開いてくれ、自他共に認める親友関係になりました。就職してからもそれは変わらず、月に2~3度は必ず会い飲みに行ったり家に泊まったり、長期休暇には旅行するような関係でした。私は彼女に話していないことはなく、彼女も友達は私だけだと言っており、とても信頼してくれているような感じがありました。それは嘘ではなかったと信じています。

 でも…結局今までの親友たちと同じように関係がこじれてしまいました。

 会う度に言い合いのような喧嘩のような気まずい空気になることが増え、一度距離を起きました(距離を置かれた、と言うのが、正しいです)。距離を置いて冷静になってからもう一度話し合いを設け、一旦は仲が戻ったかのように見えたのですが、距離を置いた3ー4ヶ月の間に彼女にも大きな変化があり、私としてもその変化を受け入れることができず、結局疎遠になってしまいました。

 もう会わなくなって1年近く経ちます。きっとその子から連絡がくることはもうないです。私は執着心の強い性格なので、本来であればまた仲良くしたいと私から連絡をするところですが、なんだか疲れてしまってもう私はそういう人間だから、仲良くしようと思ってもどうせまた近い将来仲が壊れてしまうだろう、と諦めてしまっています。

 なにを相談したいのか、分かりづらい文章ですみません。

 どうして私が真の人間関係を構築できないのか自分で考えた結果、相手に対する執着が大きすぎるのが原因なのではないかという結論に辿り着きました。

 私は情に厚い人間だと自覚しており、ただその分自分が相手を思うのと同じように相手にも思っていて欲しいと考えてしまいます。

 これがダメなのでしょうか?(思えばいつも恋愛もうまくいきません)

 この先の長い人生、どうやったら真の人間関係を構築し、本当の親友を作り一生仲良くし続けられるのか、ずっと考えています。

 そもそも女の友情にそこまで求めるのが間違っているのでしょうか?

 前述したダメになってしまった親友の件は、だいぶ時間が経ちましたが今でも思い出すと悲しくなる出来事です。もう人間関係でこんな思いはしたくないです。

 漠然とした相談にもなっていない相談で申し訳ないのですが、黒田さんの意見を聞かせて頂ければ幸いです。

 コロナの件で過ごしづらい日々が続いていますが、体調崩されぬよう頑張ってください。


黒田勇樹のアンサーは次ページ!
1 2 3>>>
「十二人の優しい日本人を読む会」を観て思う、配信という新しい演劇スタイル【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
五反田団「業界人間クロダ」を黒田勇樹が観て思う“演劇のジャケ買い”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
せっかくのステイホーム期間!日頃、出会えない名人芸を観てみよう!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
「カメラを止めるな!リモート大作戦!」で、エモーションが止まらない!【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
本場のロミジュリ動画配信にみる「劇場」という“空間”【黒田勇樹のハイパーメディア鑑賞記】
女性22歳「自分勝手なのはわかってるけど彼氏と別れたくないんです」【黒田勇樹のHP人生相談 119人目】